Hint-Pot | ヒントポット ―くらしがきらめく ヒントのギフト―

からだ・美容

38歳で乳がんに罹患した女性 「全摘」を選んだ理由とは

公開日:  /  更新日:

著者:島田 みゆ

乳がん手術の術式の選択はさまざま(写真はイメージ)【写真:写真AC】
乳がん手術の術式の選択はさまざま(写真はイメージ)【写真:写真AC】

 今年2月に乳がんが判明した38歳のライター、島田みゆさん。3月末には右胸の全摘手術を受け、現在は薬物療法中です。同世代の女性に乳がんのことを知ってほしいという思いで始めたこの連載では、さまざまな実体験を綴っています。第9回は島田さんが乳がん手術にあたり、胸をすべて切除する「全摘」を選択した理由などについてです。(監修:みやびクリニック院長 日本乳癌学会乳腺認定医 矢加部文医師 ※本記事は調べた情報や担当医の話などを基に筆者が執筆した内容を、専門医が改めて監修したものです)

 ◇ ◇ ◇

胸をすべて取るか、温存するかの選択

 手術にあたって、最初に決めるのが胸をすべて切除する「全摘」か、乳房を温存する「部分切除」にするのかという術式です。乳房を温存するにはある程度条件があり、以前説明した病状によっては全摘を薦められるケースもあります。私の場合、術前の検査の結果で「全摘、部分切除、どちらでも可能」ということでした。

全摘か部分切除か、メリット・デメリットとは

 部分切除と全摘では、次のようなメリット・デメリットがあると医師から説明されました。

○部分切除
【メリット】
・傷は小さくて済む
・胸の形が残る
・入院が短い(2~3日)
【デメリット】
・変形してしまう
・術後、放射線治療が必要(約1か月毎日)
・切除した断片が陽性だと、再手術の可能性あり

○全摘
【メリット】
・再手術の可能性はなし
・放射線治療はなし
・再建可能
【デメリット】
・傷が大きい
・見た目の変化が大きい
・入院が長い(7~10日)

 部分切除でも全摘でも、術後に適切な治療を行えばどちらも予後は変わらないとのこと。

 部分切除だと、入院日数は短く、変形はするものの胸の形は残ります。ただ、放射線治療が必要で、乳房再建は難しくなります。また、術後の病理結果で切除した断片にがん細胞があった場合、再手術で全摘になる可能性もあるということでした。

 全摘だと、放射線治療の通院が必要なく、乳房再建も可能です。ただ、入院日数が長く、傷が大きく残り、自分の胸の形はなくなります(ただし、乳房再建を同時に行えば形は残る)。

からだ・美容のランキング

  • Weekly
  • Monthly

サイト内ランキング

  • Weekly
  • Monthly