Hint-Pot | ヒントポット ―くらしがきらめく ヒントのギフト―

海外ニュース

元保護猫の恩返し 強盗の侵入を防ぎ大活躍 米国で話題に 「猫はヒーローになれる」

著者:Hint-Pot編集部

番犬ならぬ“番猫”が大活躍(写真はイメージ)【写真:写真AC】
番犬ならぬ“番猫”が大活躍(写真はイメージ)【写真:写真AC】

 自由気ままな性格というイメージが強い猫。飼い主さんに危機が迫った時、犬は「ワンワン!」とまず吠えることが多いでしょうが、猫なら一体どんな行動を取るのでしょうか。米国では元保護猫が強盗の侵入を防ぐことに一役買い、「ヒーローだ」と話題になっています。猫のアクティブな“恩返し”は一体どのような内容だったのでしょうか。

 ◇ ◇ ◇

寝ている飼い主に爪を立て危機を知らせたバンディット

 飼い主の危機を救ったとして米国で話題になっているのは、体重20ポンド(約9キロ)の三毛猫「バンディット」。米ミシシッピ州で飼い主のフレッド・エブリットさんと暮らしています。

 地元紙「ノースイースト・ミシシッピ・デイリー・ジャーナル」の記事によると、エブリットさんは7月25日深夜、キッチンにいるバンディットの大きな鳴き声に起こされました。他の猫でも見たのだろうとあまり気に留めなかったのですが、バンディットが突然寝室に駆け込んできます。そしてエブリットさんのベッドに飛び乗ると、布団を引きはがして、腕に爪を立て始めました。

 普段のバンディットはこんなことをしないため、驚いたエブリットさんはひとまずベッドから起きてみることに。そして、バンディットがいたキッチンに向かい、電気のスイッチを入れました。すると、そこには驚きの光景が。何と裏口の外側には2人の若い男が立っており、1人は拳銃を、もう1人はバールを持ってドアをこじ開けようとしていたのです。

 幸いなことに男たちはすぐに逃走したため、直接対峙することはなく、エブリットさんもバンディットも無事でした。もしもバンディットが男たちの侵入に気づかなかったら、大変なことになっていたでしょう。エブリットさんは「番犬の話を聞いたことがあるでしょう。これは“番猫”です」と語っています。

動き回るバンディットを見てすぐにお迎えを決心

 ちなみにバンディットは、エブリットさんが支援する地元の動物愛護協会からお迎えされた元保護猫です。スタッフに連れてこられたバンディットがうろうろと動き回るのを見て、ケージに閉じ込められることにうんざりしている状況を察知。すぐにお迎えすることを決めたそうです。

 そうした恩もあって、バンディットはエブリットさんに対してとても忠実で、深い愛情を抱いているのかもしれませんね。このニュースは話題になり、ネット上では「猫って、案外賢いんですよ。私も“番猫”を飼っています」「何ていい話なんだ……ブラボー、バンディット……君はロックだ!!」「猫はヒーローになれる!」など、称賛の声があふれています。

(Hint-Pot編集部)

海外ニュースのランキング

  • Weekly
  • Monthly

サイト内ランキング

  • Weekly
  • Monthly