Hint-Pot | ヒントポット ―くらしがきらめく ヒントのギフト―

海外ニュース

女性看護師が機内で乳幼児に救命措置 米国で起きた感動物語に大反響 「素敵な話」

公開日:  /  更新日:

著者:Hint-Pot編集部

フライト中に急病人発生。看護師が取った行動とは?(写真はイメージ)【写真:写真AC】
フライト中に急病人発生。看護師が取った行動とは?(写真はイメージ)【写真:写真AC】

 高度上空を飛行するため、急病人が出ても医療機関へ迅速に搬送することができない飛行機。米国では先日、ある機内で生後間もない乳幼児の呼吸が止まるという緊急事態が発生しました。一刻を争う状況の中、幼い命を救うためにとっさの対応を買って出たのは1人の女性看護師。勇気ある行動が感動を呼んでいます。

 ◇ ◇ ◇

「自分が名乗り出るしかない状況では、救命措置をやらないと」

 フライト中に1人の女性看護師が機転を効かせた行動で乳幼児の命を救う――。米地元テレビ局「FOX35オーランド」が何ともドラマチックな出来事を報じています。

 同局電子版によると、緊急事態が起きたのは現地時間8日にペンシルベニア州ピッツバーグからフロリダ州オーランドを飛行したスプリット航空1691便の機内。離陸からわずか30分後のことでした。生後3か月の女の子、アンジェレちゃんの呼吸が急に止まってしまったそうです。

 まさかの事態で両親がパニックになる中、救いの手を差し伸べたのは看護師歴20年以上の女性、タマラ・パンツィーノさんでした。パンツィーノさんは、アンジェレちゃんのもとに駆け寄り、胸と脚部分のマッサージを開始。すると、すぐに呼吸を取り戻しました。

 まさに救世主となった自身の行動を、パンツィーノさんはこう振り返ります。

「自分が名乗り出るしかない状況では、(救命措置を)やらないといけません。幸福なストーリーになったので、本当に良い気持ちになれました」

 この機内に乗り合わせていた同局の気象学者イアン・カセッテさんは、着陸後にアンジェレちゃんの両親を取材。拍手に包まれる機内の様子を収めた動画とともに、思わぬ事態に見舞われた2人の心境などを自身のツイッターアカウントで伝えています。

「アンジェレちゃんの両親はかつてないほどの恐怖を経験したそうです。2人は機内に満ちたポジティブなエネルギーと、我が子を救ってくれたパンツィーノさんの英雄的な行動を称賛しています」

 また、カセッテさんの動画は大きな話題に。投稿から4日で動画の再生回数は18万回を突破した他、リプライ(返信)には「看護師とキャビンスタッフによる本当に素晴らしい働きだ」「ハッピーエンドで終わってうれしい!」「これこそ世界で看護師が称賛を集める理由」「素敵な話を投稿してくれてありがとう!」など、パンツィーノさんへの称賛や感動の声が続々と寄せられました。

 この感動救出劇は、他の米メディアでも話題に。米紙「ニューヨーク・ポスト」も「英雄的なナースがスプリット航空の機内で呼吸停止の赤ちゃんを救う」と見出しで勇気ある行動を報じています。

(Hint-Pot編集部)

海外ニュースのランキング

  • Weekly
  • Monthly

サイト内ランキング

  • Weekly
  • Monthly