Hint-Pot | ヒントポット ―くらしがきらめく ヒントのギフト―

海外ニュース

家出した愛猫がサプライズ 家族に“帰宅”を知らせた方法が米国で話題 「幸せな物語」

公開日:  /  更新日:

著者:Hint-Pot編集部

家出した愛猫が“帰宅”!?(写真はイメージ)【写真:写真AC】
家出した愛猫が“帰宅”!?(写真はイメージ)【写真:写真AC】

 愛猫が家出をしてしまい、困り果てたという経験のある飼い主は多いのではないでしょうか。「犬は人につき、猫は家につく」という言い回しがあるように、猫には帰巣本能があるため、一度覚えた家に戻ってくる確率は比較的高いとされています。とはいえ、行方不明になれば飼い主は心配でなりません。米国では、4日間も家出をしていた飼い猫が思わぬ形で帰宅し、半ば諦め状態にあった家族を驚かせました。米雑誌「ピープル」が報じています。

 ◇ ◇ ◇

引っ越し先で愛猫が行方不明…諦めかけた矢先に奇跡が

 愛猫の失踪という悲劇に先日見舞われてしまったのは、米ニューヨーク州ロングアイランドに住むステファニー・ホイットリーさん一家。「ピープル」誌によると、1年ほど前に迎えた愛猫の「リリー」ちゃんは、同地に引っ越して間もないタイミングで新居から忽然と姿を消してしまいました。

 リリーちゃんの行方不明について、ホイットリーさんは「永遠のような長さに感じました」と当時の胸中を語ります。そして心配のあまり、リリーちゃんの名前を呼びながら近隣を車で巡回したそうです。

「甘えたい時は甘えますし、放っておいてほしい時はかまってはいけません。犬のようなところもあるんです。名前を呼ぶとやってきます」

 そうやって賢明に捜索を続けましたが、リリーちゃんは姿を見せず。捜索開始から4日が過ぎた頃には、もう戻ってこないのではないかとホイットリーさん一家の中で諦めモードが漂ったそうです。ところが、そんな矢先に奇跡が起きました。

 リリーちゃんが行方不明になって4日目の夜、玄関扉のカメラと連動しているテレビが玄関先の光景を映し出しました。その映像を見た途端、ホイットリーさんは驚いてしまいます。

「(来客の)通知がテレビ画面に出てきたので見ると、それはリリーの顔だったんです。カメラの前まで手すりを上って鳴いていました」

 何と、リリーちゃんは玄関脇の手すりに上ってカメラを覗きながら「ミャオ」と鳴いていたのです。そんなリリーちゃんの“ただいま”を、ホイットリーさんは「リリーはまるで子どもたちが『ママ』と言うのを真似ているようでした」と振り返ります。さらに、「いつもの“ミャオ”とは違いましたね」と語るなど、その時の鳴き声が普段と違ったと振り返ります。

 ホイットリーさんも使用していたホームセキュリティカメラを販売する「Ring」は、リリーちゃんの賢くかわいい“帰宅劇”を自社のYouTubeチャンネルに投稿。すると、動画は公開から2日ほどで12万回近い再生回数を記録するなど、大きな話題に。コメント欄には「何て幸せな物語なの!」「戻ってきた声が聞けて本当に良かった。家族は諦めなかったね」など、リリーちゃんの“帰宅”に安心する声が。また、「ねえ人間、冒険は終わったよ! 家に入れて!」と、リリーちゃんの鳴き声に“アテレコ”したコメントも寄せられていました。

 記事によると、ホイットリーさんはこのテレビ画面を見た途端に笑い出してしまったそう。それから一目散に玄関へ向かい、リリーちゃんを家の中に入れてあげました。

 ちなみに、リリーちゃんは今回の出来事を機にホームセキュリティカメラの使い方を覚えてしまったのだとか。家の外に出ても、カメラに“帰宅”をアピールするようになったそうです。

(Hint-Pot編集部)

海外ニュースのランキング

  • Weekly
  • Monthly

サイト内ランキング

  • Weekly
  • Monthly