Hint-Pot | ヒントポット ―くらしがきらめく ヒントのギフト―

海外ニュース

足が速すぎる犬に17万人驚愕 時速55キロのウィペットが「クレイジー」と話題に

公開日:  /  更新日:

著者:Hint-Pot編集部

コンテストで衝撃的な走りを見せた犬が話題に(写真はイメージ)【写真:写真AC】
コンテストで衝撃的な走りを見せた犬が話題に(写真はイメージ)【写真:写真AC】

 ドッグショーの本場の1つである米国では、さまざまなコンテストが行われています。話題を呼んでいるのは、足が最も速い犬を決める「ファステスト・ドッグスUSA」で準優勝を果たしたウィペット。時速55キロの衝撃的な走りには、たくさんの驚きの声が上がっています。その韋駄天ぶりに地元スポーツ専門ネットワークも注目しています。

 ◇ ◇ ◇

準優勝にもかかわらず目にも留まらぬ速さのウィペット

「ファステスト・ドッグスUSA」と名付けられたこの大会は、現地時間9月16日に米ノースカロライナ州カンナポリスのアトリウム・ヘルス・ボールパークで開催され、25日に全米で放送されました。

 この大会は、足が速い14犬種からそれぞれのトップ犬が参加。さらに、昨年の優勝犬も招待し、100ヤード(約91メートル)ダッシュを2回走ります。上位5頭はさらにレースを行い、優勝者を決定しました。

 総合優勝したのは、連覇となったウィペットの「レアス」くん。しかし、米スポーツ専門ネットワーク「ESPN」の公式ツイッターが紹介したのは、惜しくも準優勝に輝いたウィペットの「ウィンストン」くんの衝撃的な走りでした。

時速は55キロ ウサイン・ボルトより速い!

 解説者が「最高のスタートだ!」と絶賛したように、ニュージャージー州クラークスバーグからやってきたウィンストンくんはいきなりトップスピードに。口輪を付けながら飛ぶようなダッシュで、コースをあっという間に駆け抜けました。

 平均タイムは5.939秒。優勝したレアスくんにわずか0.092秒差。平均時速は34.44マイル(約55.4キロ)だったそうです。地上最速と呼ばれた男子100メートル走のレジェンド、ウサイン・ボルトさんのトップスピードは27.7マイル(約44キロ)ですから、ウィンストンくんの韋駄天ぶりが分かると思います。

 この衝撃の動画は17万件もの”いいね”を集め、1000万回以上も再生されています。リプライ(返信)には「ウサイン・ボルトとこの犬のバトル いつ実現するんだろう」「一体これは……」「こんなに速すぎるなんてクレイジーだ」「誰かご褒美とお腹のなでなでをしてあげて」「ジーザス、この犬は128倍速モードじゃないか」「口輪を取ってあげたら、どれだけ速く走れたのか」など、驚きの声が殺到。あまりの俊足ぶりに海外ファンたちは称賛を送っています。

(Hint-Pot編集部)

海外ニュースのランキング

  • Weekly
  • Monthly

海外ニュースのWeeklyランキングは見つかりませんでした。

    海外ニュースのMonthlyランキングは見つかりませんでした。

サイト内ランキング

  • Weekly
  • Monthly

サイト内Weeklyランキングは見つかりませんでした。

    サイト内Monthlyランキングは見つかりませんでした。