Hint-Pot | ヒントポット ―くらしがきらめく ヒントのギフト―

話題

自動車学校の指導教官が選ぶ 「危険な左折」トップ3に反響「あるある」

公開日:  /  更新日:

著者:Hint-Pot編集部

左折のはずなのに左側が広く空いている…(写真はスクリーンショット)
左折のはずなのに左側が広く空いている…(写真はスクリーンショット)

 交通事故は秋から冬に増え、特に12月は年間を通じて最も多いそうです。年末年始に向けて慌ただしくなるこの時期は、よりいっそう気をつけたいところ。そこで改めて確認しておきたいのが、車両運転中の左折です。烏山自動車学校の公式ツイッター(@KarasuyamaDS)は、指導教官員が選ぶ「危険な左折トップ3」を動画で紹介。大きな反響を呼んでいます。

 ◇ ◇ ◇

3位「全然寄せない」、2位「煽りハンドル」、そして1位は?

 日常的に運転している人も久々にハンドルを握る人も、年末年始の運転は普段にも増して注意が必要です。そこで鳥山自動車学校の公式ツイッターは動画を投稿し、車両運転中の左折について注意喚起を行いました。

 “NG左折”が3種類収められたこの動画は、烏山自動車学校のYouTubeチャンネルで公開されている「教官が選ぶトップ3」と同じ内容。ただし、画面上に文字のないバージョンでした。YouTube 公開分にはそれぞれの名称と順位もつけられています。

3位「全然寄せない」
バイクや自転車のすり抜け防止になる、左折前の幅寄せが行われていない

2位「あおりハンドル」
右側に一度頭を振る「あおりハンドル」で反対車線にはみ出す

1位「ならず者ワープ」
交差点で左折せずに手前の植え込みに乗り上げ、大胆すぎるショートカットをする

 今回のツイッター投稿も注目を集め、リプライ(返信)では、「あるあるですね」「地元の車見てるみたいだ」「よくいますよ」「ショートカット左折は、コンビニワープとか言われている行為に似ていますね」といった声が寄せられました。

 気の緩みやうっかりが大きな悲劇につながる交通事故。ドライバーにとっても“あるある”という状況は、やはりとても危険です。年末年始、ハンドルを握る際は十分に気を引き締めて、ルールを厳守しましょう。

(Hint-Pot編集部)

話題のランキング

  • Weekly
  • Monthly

話題のWeeklyランキングは見つかりませんでした。

    話題のMonthlyランキングは見つかりませんでした。

サイト内ランキング

  • Weekly
  • Monthly

サイト内Weeklyランキングは見つかりませんでした。

    サイト内Monthlyランキングは見つかりませんでした。