暮らし

車のフロントガラスの凍結防止 警視庁が提案する方法が「面白い」と話題に

著者:Hint-Pot編集部

タグ: , ,

フロントガラスの凍結が簡単に解消できると話題に(写真はイメージ)【写真:写真AC】
フロントガラスの凍結が簡単に解消できると話題に(写真はイメージ)【写真:写真AC】

 二十四節気の1つ「大寒」を先日迎え、一年のうちで寒さが最も厳しい季節となりました。気温が氷点下となる地域も多く、雪などの荒天による事故も増加しています。この時期に困ってしまうことといえば、車のフロントガラスの凍結でしょう。さまざまな防止グッズが売り出されていますが、警視庁警備部災害対策課(@MPD_bousai)のツイートによると、改めて何かを買い足すことなくできる目からウロコの方法があるそう。「面白い」と話題になっている簡単テクニックをご紹介します。

 ◇ ◇ ◇

使い古しのバスタオルをフロントガラスにかけるだけ

 寒さでフロントガラスが凍てつくと、溶かすために水やお湯をかける方法を思い浮かべる人が多いかもしれません。しかし、JAF(一般社団法人 日本自動車連盟)のツイッター(@jaf_jp)は今月5日、フロントガラスの解氷にお湯をかけないよう注意を呼びかけました。その理由は「温度差でガラスが割れたり解けた水がすぐに凍り付く可能性」があるためだそう。

 フロントガラスの凍結には、スクレイパーを使用して氷を削り取るなどいろいろな解消法があります。とはいえ、状態はさまざまのため有効な解決方法を一概に言うことはできません。間違った方法で行うと車が傷付いてしまったり、とても時間がかかってしまったりする可能性も。JAFのツイートによると「まずは凍結しないよう事前の対策が大切」だそうです。

 そこで参考にしたいのが、警視庁警備部災害対策課がツイッターで発信した予防法です。手順は何と、フロントガラスに「いらなくなったバスタオル」をかけるだけ。ツイートでは効果を示す実験風景も公開されています。

 この実験は、夕方にバスタオルをフロントガラスの半分にだけかけるというもの。翌朝バスタオルを取り払うと、バスタオル自体は凍っていますが、その下は見事にクリアな状態のまま。かけていなかった半分は、カチカチに凍り白く曇っています。

 投稿は反響を呼び、「これは『ワイパーが凍って貼り付くのも防げる』と思うので、一石二鳥かも?」「こういう方法もあるのか、面白い」「我が家も車や屋外の水栓にはいらなくなった毛布をかけています」などのコメントが寄せられています。

 またこの方法は、いらなくなったものをリサイクルできる点もうれしいところ。ただし実践する際には、バスタオルが風で飛ばされないよう注意をしてください。

(Hint-Pot編集部)