Hint-Pot | ヒントポット ―くらしがきらめく ヒントのギフト―

ライフスタイル

自転車のサビはなぜ発生する? 自分で落とせるか3つの方法で試してみた

公開日:  /  更新日:

著者:Hint-Pot編集部

白い塗装なのでサビが目立つ【写真:Hint-Pot編集部】
白い塗装なのでサビが目立つ【写真:Hint-Pot編集部】

 自転車に長年乗っていると、気がつかない間にチェーンや塗装のはがれた部分にサビが発生することがあります。雨に濡れる場所なら、なおさらサビが発生しやすくなります。自転車の寿命は10年といわれていますが、お気に入りの自転車は少しでも良い状態で長く乗りたいですよね。今回、自転車のカゴのサビ落としを3つの方法で検証。どれだけサビが落ちるのか試してみました!

意外と知らない汗と臭いの関係 「もしかして臭ってる?」 みんなが悩む“汗あるある”

 ◇ ◇ ◇

なぜサビは発生するのか

 サビが発生する主な原因は、酸素と水分がチェーンなどの金属部分と化学反応を起こすことです。水分だけでなく、排気ガスなどの化学物質やホコリの影響で、サビの侵食が早まる場合もあります。

 サビにはいくつか種類がありますが、自転車でよく発生するのは赤サビ。赤サビを放置しておくと、最悪穴が開く場合もあります。また、サビが発生していなくてもほかの場所から移ってしまう「もらいサビ」が起こることもあるようです。

 さっそくサビ落としを検証していきます。