動物・レジャー

元保護ねこがみっちりと詰まる透明ボウルベッド モチモチの肉球やおしりが丸見え!

著者:Hint-Pot編集部

タグ: , , ,

3歳の「チャコ」くん【写真提供:Dancing cat Chaco & Suzuka JP(@wakaponsan)さん】
3歳の「チャコ」くん【写真提供:Dancing cat Chaco & Suzuka JP(@wakaponsan)さん】

おっとりだけど運動神経抜群! アニマルエイドから迎えられた「チャコ」くん

 ねこがくつろいでいるところを下から見たらどうなるの? そんな疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。元保護猫「チャコ」くんと「すず香」ちゃんのアクロバティックな動きが人気のインスタグラマー Dancing cat Chaco & Suzuka JP(@wakaponsan)さんの投稿が話題となっています。

◇ ◇ ◇

 インスタグラムやツイッター(@wakaponsan)で有名な3歳のオスねこ「チャコ」くんと飼い主さんは、保護ねこカフェのアニマルエイドで出逢いました。

 飼い主さんが初めてアニマルエイドを訪れた日は、まだ11月だというのに季節はずれの雪が降ったとても寒い日だったそうです。その日、最初に出会ったのが、出窓から外を眺めていたチャコくんでした。

 チャコくんは生後約1か月の頃、3匹の兄弟ねことともに捨てられていたところを、アニマルエイドに保護されたのだそう。保護後、罹患していた猫風邪や真菌などの治療が長引いたため、なかなか人慣れせず、飼い主さんと出会ったときにはすでに生後半年が経っていました。

 飼い主さんは当初、新しいねこを飼い始める気はなく、アニマルエイドに寄付を届けるだけのつもりだったのだそうです。しかし、数匹の子ねこがおもちゃで遊んでいる姿を見ていたところ、他の子におもちゃを譲ったり、手を出したくても遠慮して引っ込めてしまうチャコくんのいじらしさに目を引かれ、心が動かされたといいます。そして、チャコくんと出会ったその日に、家へ迎えることに決心しました。

 そんな優しいチャコくんは、引き取られてからもやはり非常に温厚で繊細。同居ねこのすず香ちゃんから手を出されても本気で反撃したことはないそうです。チャコくんが怒った姿を、飼い主さんでさえ1度も見た事がないのだとか。また、臆病な性格だそうで呼び鈴が鳴るだけで布団に隠れてしまうこともあるそうです。

 しかし、その一方で実はチャコくん、運動神経抜群! おもちゃで遊ぶときのジャンプ力と大胆かつアクロバティックなポージングがSNSで話題となり、何度かテレビで紹介されたこともあるほどです! 

 そんなおっとりだけど、俊敏なチャコくんがお気に入りなのが、キャットタワーに備え付けられた、透明なボウルベッド。程よい狭さと高さがとっても居心地がいいみたい。無色透明なので、もっちりと詰まったチャコくんの姿がしっかりと観察できます。「ねこは液体」といった言葉もありますが、納得できるほどフィットする姿に驚きです。  

 キャットタワーもそろそろ衣替えの季節。チャコくんは寒くなるとこの透明なベッドには入らなくなるそうです。冬までの貴重な姿が話題となりました。