健康・美

秋は「ブタクサ」で肌トラブルも “自称”敏感肌は要注意 意識したい「保湿」より「補湿」

著者:Hint-Pot編集部

教えてくれた人:山口 葉子

タグ: , ,

「補湿」を意識 正しいスキンケアの方法とは

 今年は、10月になっても真夏日があるなど、気温差が厳しい日が続いています。その一方で冬に向けて空気は乾燥し始めており、お肌には過酷な環境です。「ゆらぎ肌」にならず、健康なお肌の状態を保つためにはどうしたらいいのでしょうか。

 山口さんによると、やはり大切なのは「正しい保湿」。もちろん肌内部の「水分を保つ」ことも大切ですが、お肌に足りていない「水分と脂を補う」、「補湿」も大切になってくるといいます。

 化粧水をつけたときその水分は、水に溶けやすいアミノ酸の一種を含んでいる角質層に吸い込まれています。角質の間にある細胞間脂質は元々水を含んでいますが、化粧水をつけたくらいではそれ自体に水を含ませることはできません。化粧水をつけたときに、すーっと染み込んでいく感覚がするのは、角質が給水しているからです。

 どのような化粧水を選ぶといいかというと、理想は体液に近い成分が含まれているもの。そして、その水分を含んだお肌のフタをする皮脂に近い成分の油分を塗ることも大切だそうです。

 これから寒い季節になると、熱いお風呂で温まりたい日が増えますが、皮脂は40度以上になると溶けだしてしまうため、お風呂の後にカサカサしてしまう人は、お湯の温度に気を付けることや、お風呂から出た後にお湯に流れ出た脂や蒸発した水分を補うよう、全身をしっかりと保湿することも大切です。

 また、秋に気を付けたいのが、ブタクサといった花粉。肌は想像以上に多くのものを吸収しやすいため、色々なものが抗原として入ってしまう可能性があります。健康な肌の人は、ワセリンやベビーオイルなど、皮脂の代わりにバリアを作ってくれるものを塗るのもひとつ、効果があるそうです。

「正しい保湿」をすると、角質は次第にハリを取り戻し、ぷるっとしたお肌になるといいます。山口さんいわく、お肌は「考える臓器」。スキンケアは安易に考えず、毎日使う化粧品こそ慎重に選ぶべきと山口さんはいいます。