Hint-Pot | ヒントポット ―くらしがきらめく ヒントのギフト―

話題

日本の炊飯器は「世界に誇るべき家電」 フランス人YouTuberが感じた偉大さとは

公開日:  /  更新日:

著者:Hint-Pot編集部

フランス人YouTuberのオレリアン・プダさん【写真:Hint-Pot編集部】
フランス人YouTuberのオレリアン・プダさん【写真:Hint-Pot編集部】

 日本在住7年目のフランス人YouTuber、オレリアン・プダさん。独自の視点で日本での日常を発信しています。先日、日本で購入して3年間使ってきた中古の炊飯器に別れを告げたそうです。ほぼ毎日稼働していたという炊飯器を「最高のパートナー」と表現するオレリアンさん。それが動かなくなって、初めてその偉大さを知ったといいます。

意外と知らない汗と臭いの関係 「もしかして臭ってる?」 みんなが悩む“汗あるある”

 ◇ ◇ ◇

“食生活に欠かせない存在”を失った悲しみを綴るオレリアンさん

 フランスから来日して7年のオレリアンさんは、YouTubeチャンネル登録者数30万人以上の「Bebechanチャンネル」を運営する人気YouTuber。日本の魅力を伝えるオレリアンさんが、日本が誇る家電について自身のツイッターアカウントで発信しています。

 オレリアンさんは「3年前に中古で購入したこの炊飯器、ほぼ毎日稼働し続けてついに寿命を迎えました」と、愛用していた炊飯器が使えなくなってしまったことを報告。炊飯器の使用期間は、オレリアンさんの前の持ち主が使用していた期間と合わせると約8年だったそうです。

 大好きなバターしょうゆごはんに欠かせない「最高のパートナー」を失った悲しみを嘆くオレリアンさん。新しい炊飯器を買うまで、試行錯誤しながら家にある鍋でお米を炊くことに挑戦しました。しかし……。

「土鍋も何もない家なので、何もわからずとりあえず火にかけて炊いてみたところ、今までにない究極アルデンテになりました。炊飯器の偉大さを思い知る夜」

 炊飯器のようにうまくいかなかったことを報告するとともに、家にあった鍋で炊いたごはんの写真を投稿。失敗してしまったごはんは、少し手を加えて梅干しおかゆにしたそうです。

 オレリアンさんの食生活において、お米は欠かせない存在。「おいしいお米を毎日炊いてくれたバディにお別れをするのはつらいです 炊飯器は世界に誇るべき家電です!!」と、炊飯器に対する熱い思いを綴っています。

 さらに、オレリアンさんは「フランスに住んでいるときに炊飯器というものは使ったことがなく、日本に来て初めて使ったとき、なんだこの天才的な機械は……! と感動したのを覚えています。好きなお米の食感、味、香りを知ることができました。フランスに本気で持ち帰りたい家電です」と炊飯器との出会いを振り返り、改めて炊飯器に感謝するのでした。

 これに対し、リプライ(返信)には「使い続ける愛を感じました」「炊飯器は本当に偉大ですよね」「大切に使ってもらえて、炊飯器も喜んでいると思います」「使い続ける愛を感じました。見習います!」「これを機に土鍋炊きごはんに挑戦してみませんか? 感動しますよ」などの声が寄せられています。

(Hint-Pot編集部)