Hint-Pot | ヒントポット ―くらしがきらめく ヒントのギフト―

話題

旬のナスが油淋鶏風に 温かくても冷たくてもおいしい ミツカンの簡単レシピに反響

公開日:  /  更新日:

著者:Hint-Pot編集部

さまざまな調理法で楽しめるナス(写真はイメージ)【写真:写真AC】
さまざまな調理法で楽しめるナス(写真はイメージ)【写真:写真AC】

 ナスはさまざまな調理法に合う万能野菜のひとつです。これからの時期、店頭に並ぶ秋ナスは水分が多くて火が通りやすく、焼きナスにして食べると美味。シンプルにしょうゆで味付けするのも良いですが、大手食品メーカー・株式会社ミツカンの公式インスタグラムアカウント(mizkan_official)では、油淋鶏(ユーリンチー)風に仕上げたレシピが紹介されて反響を呼んでいます。

意外と知らない汗と臭いの関係 「もしかして臭ってる?」 みんなが悩む“汗あるある”

 ◇ ◇ ◇

甘酢ダレとゴマ油の風味が食欲を刺激

 ナスは栄養がないと思われがちですが、夏の暑さでバテた体をいたわりたいときにぴったりの野菜です。水分量が多いため、失った水分を補給できるほか、カロリーが低めでありながら、カリウムや食物繊維など体にうれしい成分を豊富に含んでいます。

 実が詰まっている夏ナスに比べ、秋ナスは種が少なめで皮が薄く、実がやわらかいのが特徴。加熱するとトロッとした食感になります。そんなナスに合う味付けを、ミツカンの公式インスタグラムアカウントが紹介。さっぱりとした甘酢ダレにネギをたっぷり入れ、油淋鶏風に仕上げた一品です。

○ナスの油淋鶏風

【材料】(2人分)
ナス  2本
ゴマ油 大さじ3
<A>
調味酢         大さじ3(投稿では「カンタン酢」を使用)
しょうゆ        大さじ1
長ネギ(みじん切り)  3cm
ショウガ(みじん切り) 1かけ分

【作り方】
1. ナスはヘタを切り落とし、縦半分に切る。皮目に格子状の切り目を5mm幅で入れる
2. <A>を混ぜ合わせる
3. フライパンにゴマ油を入れて中火で熱し、皮の面を下にしてナスを入れる。両面にこんがりとした焼き目が付いてしんなりするまで焼く
4. 3が熱いうちに、ゴマ油ごと2と合わせる

 投稿は反響を呼び、2000件を超える“いいね”が集まりました。コメント欄には「おいしそうだから作って食べたいです」「ナス大好きなので作ります」「いつも焼いてネギ、ショウガ、ポン酢をかけて終わりだったのですが、これからはタレを混ぜてナスとあえてみます」などの声が上がっています。

 ゴマ油と甘酢のきいた中華風味が、食欲をそそりますね。温かいうちに食べるのはもちろん、冷やしてもおいしく、作り置きにもぴったりなおかずです。食卓にもう一品添えたいときにも活躍しそうですね。

(Hint-Pot編集部)