海外ニュース

英国ロイヤルファミリー 知られざる13の「掟」 あいさつから紅茶の飲み方まで

著者:森 昌利

タグ: , ,

ロイヤルファミリー【写真:Getty Images】
ロイヤルファミリー【写真:Getty Images】

英誌が特集 女性は伝統的な「カーテシー」でお辞儀、ストッキング着用は絶対

「カーテシー」といえば、欧州の伝統的な女性のあいさつ。背筋を伸ばしたまま片足を後ろに引き、軽く膝を折り曲げて行うお辞儀だ。先日、「カーテシー」であいさつををしようとした相手をメーガン妃がハグしようと手を広げたところ、一瞬メーガン妃の胸付近に相手が頭突きをするような形になってしまい、ぎこちない“珍妙なシーン”になったことは記憶に新しい。そんな失敗が起きないようになのか、英誌「ハロー」はロイヤルファミリーの伝統的な儀礼規則を特集。13の項目にわたってわかりやすく紹介した。

◇ ◇ ◇

 英誌「ハロー」の記事によると、ロイヤルファミリーの伝統的な「掟」は次の通り。

〇規則1 ロイヤルは公での愛情表現は慎む
 フィリップ殿下が公でエリザベス女王にキスをしたのは直近でいつなのか? もしくはウイリアム王子とキャサリン妃が公の場で手を繋いだことがあるのか? 王室専門家のエミリー・ナッシュさんは「公の場はロイヤルファミリーにとっては職場。そこでカップルが過剰な愛情表現を見せるのはプロ意識に欠けるということになります」と話して、本来の王室メンバーは公では愛情表現に関しては”慎み深い”と解説。もちろん、アフリカツアーで公にキスを交わし、常にお互いを触り合い、ハグし合っていたメーガン妃とヘンリー王子は“例外”となる。

〇規則2 ランク通りに登場する
 ロイヤルファミリーの公式イベント、例えばイースターサンデーや王室メンバーの結婚式の場合、登場する順番はランク通りに行われる。当然最後に登場するのはエリザベス女王。その前がチャールズ皇太子夫妻で、ウイリアム王子夫妻がその前となる。

〇規則3 ストッキング着用は絶対条件
 規則として明記はされていないが、エリザベス女王は公式イベントで”王室女性はストッキングを着用すべき”とのお考えだ。

〇規則4 結婚はエリザベス女王の許可が不可欠
 これは1772年に設定された法律でもある。無論、ヘンリー王子もメーガン妃とのエリザベス女王から証印を押した書面をいただき、正式に「結婚の許し」を得ている。

〇規則5 エリザベス女王のクリスマス会に出席できるのは婚約者から
 ロイヤルファミリー以外の人間でエリザベス女王の別邸「サンドリンガム・ハウス」で行われるクリスマス会に参加するには、最低でも王室メンバーと婚約する必要がある。