動物・レジャー

育児放棄され倒れていた一匹の野良子ねこを保護 後ろ足切断のアクシデントも乗り越えて

著者:猫ねこ部

タグ: , ,

10歳の元野良ねこ「ぽっとん」くん【写真提供:ぽっちゃんのかあちゃん(@shimashimaneko2018)さん】
10歳の元野良ねこ「ぽっとん」くん【写真提供:ぽっちゃんのかあちゃん(@shimashimaneko2018)さん】

 ねことの暮らしのアイデアが詰まった「猫ねこ部」がお届けするシリーズ“なないろ猫物語”。大切な家族の一員である、飼いねことの生活のなかで感じたハッピーなエピソードを紹介します。野良ねこだった10歳の「ぽっとん」くんこと通称「ぽっちゃん」は、母ねこに育児放棄されやせ細って倒れていたところを飼い主さんに保護されました。健やかに育っていましたが、今度は左後ろ足の膝から下を失うアクシデントに見舞われます。辛い経験を乗り越え幸せに暮らす飼い主さんとぽっちゃんのお話です。

 ◇ ◇ ◇

やせ細っていた子ねこからたくましく成長

 凛々しいお顔に柄シャツがとってもお似合い。カメラ目線のキメ顔が男前な彼の名前は「ぽっとん」くん。「ぽっちゃん」の愛称で親しまれているそうです。

「ある日突然、自宅の裏に野良ねこが赤ちゃんねこを連れてきたようで……。母ねこに育児放棄されて一匹で倒れていたので保護しました」

 そう話すのは飼い主のぽっちゃんのかあちゃん(@shimashimaneko2018)さん。

 保護したときは、風邪をひいていて小さくやせ細っていたぽっちゃん。10歳になった今ではこんなにたくましく成長しました。人間大好きな人懐っこい性格だけど、ねこにあまり興味のない人が家に入ってくると鳴いて呼ぶそうです。

何者かに足を切断され瀕死の状態で帰宅

 実は、現在ぽっちゃんは後ろの左足の膝から下がありません。

 保護して1年半が過ぎた頃のことでした。その頃になると、毎日、母ねこや兄弟ねこが飼い主さんの家の裏にやって来て、ぽっちゃんに面会しに来るようになったそうです。しかし、体格差があるからか、なかなかみんなの遊びについていけなかったぽっちゃんは、いつも一匹で寂しそうにしていたとか。

 そんなある日、ふだんなら自宅の裏で遊んでいるぽっちゃんの姿が見えず、やっとみんなと一緒に遊べるようになったのかと思っていたと飼い主さんはいいます。ところが夜になっても帰ってきません。

 ようやく深夜になって、姿を見せたぽっちゃん。しかし、左後ろ足の膝から下を失って瀕死の状態で帰ってきたといいます。飼い主さんは、すぐさま動物病院へ連絡。緊急入院となりました。

 獣医さんの話では、どうやら人間が足を切ったようだ、と。そして、しばらくして、その足を切断した人は警察に逮捕されましたが、精神的な問題があったそうです。

 でも、それでも……。足を切断するなんて本当に許せないこと。絶対にあってはならないと飼い主さんは振り返ります。

「ぽっちゃんがどれだけ怖い思いをしたかと思うと、胸が張り裂けそうになります」