海外ニュース

カミラ夫人は「美しく偉大な王妃になる」 ニュージーランドのロイヤルファンが称賛 英紙が報道

著者:Hint-Pot編集部

タグ: , ,

カミラ夫人【写真:Getty Images】
カミラ夫人【写真:Getty Images】

伝統挨拶中に顔をしかめられてしまうチャーミングな一幕も 公式訪問は22日まで

 ニュージーランドを公式訪問中のチャールズ皇太子とカミラ夫人。到着後は、オークランド市内の企業やコミュニティセンター、ガバメントハウスを訪問。鼻と鼻をこすり合わせるマオリ族の伝統的な挨拶を行い、帽子をかぶったままのカミラ夫人がマオリの戦士に顔をしかめられてしまうという一幕もあったが、精力的に過ごす夫人を、現地のロイヤルファンは高く評価しているという。英大衆紙「デイリー・エクスプレス」は、カミラ夫人はファン達から「美しく偉大な王妃になる」と言われていると報じた。

 ◇ ◇ ◇

 カミラ夫人は、ニュージーランド北部にある最大都市、オークランドの港を訪問した際、強風の中待ち望んでいてくれたファン達と交流し、言葉を交わした。夫人は握手を交わした際、多くの賛辞を浴びていたという。

 この日、カミラ夫人はエレガントなクリーム色をしたドレスで登場。現地ファンから何度も「とても美しい」と言われていた。また、今月初めに胸部の感染症のため公務を欠席していたカミラ夫人の体調を気遣い、「気分がいいか」と尋ねるファンや、「偉大な王妃になられるでしょう」と声をかけた人もいた。

  エリザベス2世が亡くなると、チャールズ皇太子が王位を継ぐこととなり、カミラ夫人は王の配偶者となる。しかし、カミラ夫人は2005年に結婚した際、「プリンセス・オブ・ウェールズ」の称号は、故ダイアナ元妃に敬意を払い授からないとしていた。

 また、1351年と1937年に制定された法律により、カミラ夫人はチャールズ皇太子の戴冠式をもって、王妃となるだろうと説明するのは、オックスフォード大学法学部教授のパブロス・エレフテリアディス氏だ。

 教授はこの問題をめぐり、イギリス国民から不興を買っているにも関わらず、チャールズ皇太子が玉座につけば、カミラ夫人は王妃になる他ないとしている。英大衆紙「デイリー・スター」に次のように語った。

「国王の妻だからといって共同で統治するわけではありません」「そういう意味で、カミラ夫人は、君主の妻であるという限られた法的意味で“王妃”になるでしょう。彼女は法律上、王妃になりますが、国民を混乱させることを避けるために王室の称号を採用しないかもしれません」

  ニュージーランドのロイヤルファンの期待とは裏腹に、形式上の王妃になるという見方が強いカミラ夫人。ニュージーランド訪問は22日まで続く。

(Hint-Pot編集部)