Hint-Pot | ヒントポット ―くらしがきらめく ヒントのギフト―

話題

「フランス人は驚くかも」 日本の伝統的な甘味に初挑戦したフランス人シェフ 鋭い考察に称賛

公開日:  /  更新日:

著者:Hint-Pot編集部

おしるこに初挑戦するフランス人の(左から)シャルルさんとオレリアン・プダさん(画像はスクリーンショット)
おしるこに初挑戦するフランス人の(左から)シャルルさんとオレリアン・プダさん(画像はスクリーンショット)

 味覚の感じ方は、食文化と深くかかわっており、国によって異なります。日本人の味覚は繊細といわれますが、美食の国・フランスの人とはどう違うのでしょうか。日本で暮らすフランス人YouTuberのオレリアン・プダさんは、フランス人シェフのシャルルさんとともに、日本の伝統的な甘味であるおしるこに初挑戦。鋭い食レポに称賛の声が上がっています。

【SNSで話題沸騰】簡単・快適・清潔! 猫ラバーズの必見の全自動トイレの導入で毎日の悩みを解決!

 ◇ ◇ ◇

強い甘さにびっくり!

「日本伝統の味、おしるこ&ぜんざいを食べてみよう」ということで、甘味処を訪れたオレリアンさんとシャルルさん。「食べ慣れない甘味だからワクワクしているよ」と、シャルルさんは店の前に飾られた食品サンプルを見ながら、さっそく何を食べようか悩んでいました。

 入店すると、2人は悩みながらも抹茶のドリンクとつぶあんのおしるこを注文。「まずはあんこからかな?」と、おしるこの食べ方がわからずとまどいながらも、オレリアンさんはお椀を口へと運びます。第一声は「とても甘い!」でしたが、「結構好きかも」と強い甘みを気に入った様子。さらに、「ほかのスイーツで例えるとモンブランに近いかもしれない」と感じたようです。

 シャルルさんは、おしるこを一口すするとにやり。「甘さがとても強いね」と、付け合わせの昆布の佃煮を口に運びました。

 その後、箸を進めるごとに、甘さにも慣れてきたのか、おしるこを絶賛する2人。そして、シャルルさんはあることに気づきます。それは甘味の感じ方が日本人とフランス人では違うということ。

「日本人のなかには洋菓子の甘さが苦手な人もいる。僕にとってはあんこのほうが甘いと感じるけど、甘さの種類が違うんだろうね」と言い、さらに「フランス人はおしるこの甘さに驚くかもしれないね」と語りました。オレリアンさんも「砂糖の生かし方というか、甘さの出し方が違う気がする」と、それに同調しました。

 鋭い考察が光った今回。動画のコメント欄には、「食事とは文化、ゆえに理解し肯定する感性が必要。実にシェフらしくて素晴らしい見方と思います」「2人とも何て的確な食レポだろうか」など称賛が寄せられました。

 2人は食べ終わると大満足。シャルルさんは今回の経験をもとに、「両国の魅力を組み合わせたバランスの取れたスイーツを作りたい」と、新たな目標ができたようです。

(Hint-Pot編集部)