Hint-Pot | ヒントポット ―くらしがきらめく ヒントのギフト―

話題

「旦那も私のもの」 藤本美貴さん 夫をプロデュースする大切さを語り反響

公開日:  /  更新日:

著者:Hint-Pot編集部

配偶者さんの行動についての悩みに答える藤本美貴さん(画像はスクリーンショット)
配偶者さんの行動についての悩みに答える藤本美貴さん(画像はスクリーンショット)

 結婚生活が始まると、共有するものが増えるなど、思わぬストレスに悩むことがあります。YouTubeチャンネル「ハロー!ミキティ」で、視聴者の悩みに答える「ミキティ人生相談」が大人気のタレント・藤本美貴さんが、今回は夫婦の悩みに回答。夫に私物を使われることが嫌だという女性の悩みに対し、自身の結婚観を熱弁しました。その考え方に称賛の声が上がっています。

【SNSで話題沸騰】簡単・快適・清潔! 猫ラバーズの必見の全自動トイレの導入で毎日の悩みを解決!

 ◇ ◇ ◇

自分の消耗品を使われたくない妻 回答は?

「夫婦編」と題して、4人の質問に回答した藤本さん。2人目の20代女性は、「自分が買ったものをどうしても夫に使われるのが許せません」と相談しました。

 悩みは、自分が買った化粧品やシャンプー、歯磨き粉などの生活消耗品を夫に「勝手に使われるのが嫌」というもの。夫の詰めが甘く、使ったときに絶対にバレてしまうため、毎回けんかになっているそうです。

 女性は、こだわって購入したものの価値がわからない人に使われたくないそうで、食べ物を勝手に食べられることには腹が立たないそう。「私がケチで間違っているのでしょうか。どうすれば許せるようになりますか?」と藤本さんに相談しました。

 すると、「全然気持ちがわかんないんだけど」と苦笑した藤本さん。というのも、藤本さんは「なんだったら全部同じもの使ってかまわない」タイプなのだそうです。実際に、家族みんなで同じものを使っているといいます。

 藤本さんは「単純に物が増えるのが嫌」なので、全員が同じものを使ってほしいと考えているといいます。そのうえで、「乾燥している旦那を見るくらいなら、どんどん使って、どうにか保ってほしい」と思っているそう。

 その理由は、「だって旦那も私のものだから」。

「そんなあなたのものである旦那が、どれだけあなたと一緒にいて、美しく保てるかっていうところだと思う」と持論を展開しました。夫が褒められれば、結局のところ夫婦なので、お互いがお互いに返ってくると主張。お互いをプロデュースしていると考えれば、「旦那さんのことも大事にできる」とアドバイスを送っています。

 コメント欄には、「『旦那も私のもの』の発想すごい」「お互いをプロデュースするって件、とても共感したし、確かになるほどと考えさせられるいい話でした」「こういう考え方があったんだ~っていつも驚かされます」「夫婦ってセットで見られがちだから度が過ぎない程度にお金かけてきれいに居続けるのも大切ですね」などの声が寄せられています。

(Hint-Pot編集部)