Hint-Pot | ヒントポット ―くらしがきらめく ヒントのギフト―

話題

「これ最高」 スイス生まれの男の子が大興奮 おねだりした日本の食べ物とは

公開日:  /  更新日:

著者:Hint-Pot編集部

和菓子のお団子を食べてうれしそうな次男リノくん(画像はスクリーンショット)
和菓子のお団子を食べてうれしそうな次男リノくん(画像はスクリーンショット)

 日本にはおいしいグルメがたくさんあります。味覚が繊細な子どもでも、そのおいしさに感動するようです。国際結婚を機にスイスへ移住し、現地での日常を自身のYouTubeチャンネル「Ami’s Life スイス5人暮らし」で公開している日本人YouTuberのAmiさん。子どもたち3人を連れて、1年ぶりに実家がある北海道に里帰り中です。大歓迎してくれたAmiさんの家族は、さまざまな食事を用意してくれていました。次男のリノくんは、そのなかでも意外な食べ物にハマってしまったようで、注目を集めています。

【SNSで話題沸騰】簡単・快適・清潔! 猫ラバーズの必見の全自動トイレの導入で毎日の悩みを解決!

 ◇ ◇ ◇

あまりのおいしさに無言で食べ続ける次男リノくん

 Amiさんが冒頭で「日本と言えば、おいしい日本食」というように、スイス生まれの子どもたちもおいしい日本の食べ物が大好き。とくに長男のミオくんは、Amiさんから帰省することを聞くと、「今日行く?」と前のめりになって何度も確認するほど、日本を恋しがっていました。

 27時間の大移動にも耐え、念願叶ってたどり着いた日本。子どもたちはさっそく日本食に夢中のようです。

 おじいちゃんが用意してくれた新幹線のおもちゃで遊んでいる最中も、次男リノくんの食べ物センサーは敏感に反応。「何食べてるの?」と興味津々で近づいてきました。

 一緒に遊んでいたミオくんもやってきて、中にあんこが詰まった草団子をパクリ。「おいしっ」と口に入れた瞬間に笑顔になります。するとリノくんも、おじいちゃんの隣に座って食べてみることに。Amiさんが「どう?」と感想を求めると、にっこり笑顔で「なんか中に入ってる!」と団子を見せます。

 さらに、よほどおいしかったのか、パクパクと無言で口の中へ入れていきます。おじいちゃんがリノくんの頬をツンツンしながら「おいしいか?」と声をかけると、無言で小刻みに何度も頭を縦に振りました。

 そして最後は、満面の笑みで親指を立てて、グー! 「これ最高」と興奮した表情を浮かべます。まさかこれほどまでに草団子を気に入るとは思っていなかったのか、リノくんの反応に「家族も唖然」としてしまったようです。

 日本のお団子の味を知ってしまったリノくんですが、夕食も近いということで、今日はここまで。夕食にはおじいちゃんがおいしいうどんを作ってくれると教えられますが、我慢できない様子です。

 どうしてももう1個食べたいリノくんは、じーっとお団子を見てアピール。すると、押しに負けたおじいちゃんが「これでおしまいだよ」と言って、半分に割ったお団子をくれました。

 すっかり和菓子の魅力を知ってしまったリノくん。動画のコメント欄には、「次男くんがあんこのお菓子を食べたときの喜び方がツボでした」「子どもたちも日本食大好きですね」「日本人のDNAですね」など、子どもたちが日本の食べ物をおいしそうに食べる様子に、ほっこりする人たちの声が多く寄せられています。

 ほかにも、うどんや赤飯、納豆など、おいしい日本の食べ物に食欲が止まらない子どもたち。翌日のおやつタイムには、洋風せんべいなどの袋菓子を食べましたが、最終的には大福を満足そうに食べていたミオくんとリノくん。すっかり和菓子の虜になってしまったようです。

(Hint-Pot編集部)