Hint-Pot | ヒントポット ―くらしがきらめく ヒントのギフト―

話題

昭和からある便利グッズに再注目 屋外の衛生対策に警視庁がおすすめするものとは 「少女漫画誌の付録だった」

公開日:  /  更新日:

著者:Hint-Pot編集部

屋外で手を洗うとき、石けんがなくて困ることも(写真はイメージ)【写真:写真AC】
屋外で手を洗うとき、石けんがなくて困ることも(写真はイメージ)【写真:写真AC】

 暖かくなり、公園遊びやキャンプなどを楽しむ人が増えているでしょう。屋外で手を洗う際に、ウェットティッシュや水で流すだけでは不十分だと感じることもありますよね。そんなときに役立つ懐かしいアイテムを、防災や日常に役立つ情報を発信している、警視庁警備部災害対策課の公式X(ツイッター)アカウント(@MPD_bousai)が紹介し注目を集めています。「野外でしっかり手洗いをしたい時に大変便利です」というアイテムとは何なのでしょうか。

【SNSで話題沸騰】簡単・快適・清潔! 猫ラバーズの必見の全自動トイレの導入で毎日の悩みを解決!

 ◇ ◇ ◇

「大変便利です」 コロナ禍で再び注目された懐かしのアイテム

「みなさん、紙石けんをご存じですか?」

 そんな書き出しのコメントを添え、同課は4枚の写真を公開。そこには、紙石けんを使って手を洗う様子が写っています。

 紙石けんとは、石けんを薄い紙状に加工したもの。気軽に持ち運べるよう、水溶性フィルムでコーティングされたものもあります。コロナ禍では、外出先で手軽に使えることから、取り入れやすい感染症対策アイテムとして、注目を集めました。

 同課のX担当者は、「子どもとの公園遊びやキャンプの際など、野外でしっかり手洗いをしたいときに大変便利です」と綴り、日頃から活用しているようです。また、被災地への救助派遣の際にも必ず携行して活用しているそうで、「おひとつポケットに携帯してみてはいかがでしょうか。必ずお役に立つと思います」と呼びかけています。

 投稿は反響を呼び、3000件を超える“いいね”が。リプライ(返信)や引用リポストには、「いいぞ~これ ほんとに小さいから邪魔にならないし、きれいな水さえあれば手軽に衛生保てるからほんとGOOD」「公園遊びなどには必須だった一点 便利すぎて今でも親子でひとつずつ持ってる」「施設などの洗面所に石鹸がないところがあるので、持っておくと便利!」「初めて知りました! 今度買ってみます」など、さまざまな声が寄せられています。

 また、「懐かしい 一瞬流行ったとき買った」「小学生で流行っていろんなの集めていた」「最近は知らんけど少女漫画誌の付録だった」といった声も。

 実は60年ほど前から、子ども向けに販売されていたという紙せっけん。コロナ禍で再び注目を集め、機能性が高まったといわれています。100円ショップなどで手軽に購入でき、コンパクトで手軽に持ち運べるのも魅力です。

 災害時には、感染症対策など衛生面も重要です。かさばりにくいので、非常用持ち出し袋に入れておくといざというときに重宝するでしょう。また、普段から持ち歩いて積極的に活用したいですね。

(Hint-Pot編集部)