Hint-Pot | ヒントポット ―くらしがきらめく ヒントのギフト―

カルチャー

イタリア人「レンタルしようと思っていたんだけど」 日本を観光中に思わず買ってしまったものとは

公開日:  /  更新日:

著者:Hint-Pot編集部

イタリア人の(左から)バルテルさんとマテウさん【写真:Hint-Pot編集部】
イタリア人の(左から)バルテルさんとマテウさん【写真:Hint-Pot編集部】

 インバウンドが回復し、世界中から外国人観光客が押し寄せています。独特な文化が多い日本を尊重し、楽しんでもらえることはとてもうれしいですよね。イタリアからやってきた男性2人組は、日本人の良さを発見したり、日本ならではの衣装を体験してみたりしながら、文化への理解を深めています。気に入って、思わず購入してしまったものもあるようです。

【SNSで話題沸騰】簡単・快適・清潔! 猫ラバーズの必見の全自動トイレの導入で毎日の悩みを解決!

 ◇ ◇ ◇

日本人の礼儀正しさに驚いたマテウさん

 浅草からスカイツリーにかけて散策していた、イタリア人のバルテルさんとマテウさん。バルテルさんは、日本へ来るのは今回が初めてだそう。一方、マテウさんは6年ぶりの訪日です。

 今回が2度目の訪日というマテウさんは、日本人とイタリア人では、コミュニケーションの取り方がまったく違うことに気がついたといいます。

「イタリアと日本では、笑顔の見せ方や距離の取り方、人へのアプローチの仕方、食事の仕方など、何から何まで違います。でも、私はどちらも素晴らしいと思います」

 とくに、日本人の礼儀正しさには驚いたというマテウさん。

「僕たちイタリア人は、たくさんスキンシップをしたり、話しかけたりします。でも、日本人はそうではない。最初は冷たいのかなって思ったけど、一度話してみると温かいと感じました」

「伝統的なものに触れられてうれしい」

 日本の文化に敬意を持ち、尊重しながら楽しんでいるふたり。この日は浅草で、素敵な買い物をしたそうです。

 それは、日本の伝統衣装である浴衣。バルテルさんは、葛飾北斎の「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」をイメージしたような力強い波柄を着用していました。

「レンタルしようと思っていたんだけど、着たらとても気に入って、買っちゃいました。こうした伝統的なものに触れられてうれしいです」

 そうお茶目に語るバルテルさん。帰国後は、カーニバルで着るなど活用していきたいと語ります。

 マテウさんは、草花の柄がさりげなく入った、品の良い黒地の一着。生成色の帯をキリッと締めて、とても様になっていますが、履き慣れない下駄には慎重になっていました。

「下駄だから坂道を下ったり、体重を前にかけたりするのがちょっと怖いんだ。でも、痛くはないし、歩くのに問題ありません。時間はかかるけど、今日はこのままの格好で電車を乗り継いで、お台場まで行こうと思っています」

 浴衣をバッチリ着こなしていたふたり。日本の文化を心ゆくまで体験していってくださいね。

(Hint-Pot編集部)