海外ニュース

ダイアナ元妃 直筆の手紙が約44万円でオークションに 「クリスマスに向けあなたのことをずっと考えていました」 英紙が報道

著者:Hint-Pot編集部

タグ: , , ,

ダイアナ元妃【写真:Getty Images】
ダイアナ元妃【写真:Getty Images】

子を心配する母親への気遣いや幼い王子達への愛情が感じられる

 約30年前、病院で出会ったある母親に宛てて、ダイアナ元妃が手書きした手紙がオークションに出ることが明らかになった。手紙には、事故に遭った愛息を見守るその母親への気遣いの他、幼い日のウイリアム王子とヘンリー王子がクリスマスを待ちわびている様子が綴られた感動的なものだという。英メディアが報じている。

 ◇ ◇ ◇

 英大衆紙「デイリー・エクスプレス」の記事によると、ダイアナ元妃は友人であるアイビー・ウッドワードさんに宛てた手紙のなかで、当時8歳と6歳だった息子ふたりがクリスマスプレゼントが待ちきれずに、ケンジントン宮殿のあらゆるところを探し回っていて、「クリスマスがくることにわくわくしている」と伝えていたという。

 ダイアナ元妃は、1990年9月、腕を骨折したチャールズ皇太子を見舞うために病院を訪れたとき、バイク事故に遭い昏睡状態であった息子に付き添っていたウッドワードさんと出会った。

 同じ手紙の中で、ダイアナ元妃は次のように綴っている。「クリスマスに向けて、あなたのことをずっと考えていました」「あなたの息子が回復したと聞いて嬉しかったです。あなたの決意と力が彼を再び元気にさせたのだと思います」

 またダイアナ元妃は、ウッドワードさんとの関係が報道機関に漏洩し、彼女のプライバシーが損なわれてしまったことを手紙の中で謝罪していたと伝えられている。

 3ページにわたる心温まる手紙とその封筒は、サリー州にあるオークションハウスでプライベートオークションにかけられ、3000ポンド(約43万6000円)の値はつくだろうと予想されている。