海外ニュース

メーガン妃 クリスマスシーズンに関するSNS投稿は自ら執筆か 鋭いファン達が見逃さなかった特徴とは

著者:森 昌利

タグ: , , ,

メーガン妃【写真:Getty Images】
メーガン妃【写真:Getty Images】

アメリカならではの英単語が過去にも度々登場

 メーガン妃とヘンリー王子の公式インスタグラムに“クリスマスシーズンに恵まれない人たちを助けよう”という心温まるメッセージが投稿された。そのメッセージについて、ファンたちのあいだでは「メーガン妃本人が文章を書いているのではないか」と話題になっているという。

 ◇ ◇ ◇

 英大衆紙「ザ・サン」が掲載した記事によると、この投稿の中に見られる表現に、メーガン妃自ら文章を書いている確固たる証拠が存在しているという。

 書き出しの一文に注目。“With the festive holiday season”とあるが、クリスマスをholiday(ホリデー)と表記するのはアメリカ人ならではの習慣だと伝えられている。

 実際、ロイヤルファミリーに加わる前、メーガン妃はインスタグラム以外にも自身のブログを持ち、数多くの投稿をしていた。

 また去る4月に寄付を行ったチャリティー団体「Baby2Baby」の書き込みにも、英国では“cots”と表記される“ベビーベッド”をアメリカ的に“cribs”と書き、英国では“nappies”と言われる“おむつ”を”diapers”と書いていた。

「サン」紙は、インスタグラムのキャプションにこうしたアメリカ人特有の表現が目立つことから「ファンはメーガン妃が自分で投稿を書いていると信じている」と伝えている。

(イギリス・森昌利/Masatoshi Mori)