Hint-Pot | ヒントポット ―くらしがきらめく ヒントのギフト―

ライフスタイル

忘れがちな傘のお手入れ 「傘ソムリエ」に聞いた正しいお手入れ方法とやりがちなNGとは

公開日:  /  更新日:

著者:Hint-Pot編集部

この季節に活躍する傘の正しいお手入れ方法は…(写真はイメージ)【写真:写真AC】
この季節に活躍する傘の正しいお手入れ方法は…(写真はイメージ)【写真:写真AC】

 雨や日差しから守ってくれる傘。梅雨や紫外線が気になる季節、活躍する機会も多いでしょう。なにげなく使っていますが、お手入れを意識していない人が少なくありません。そこで、傘の魅力を広く伝える世界初の「傘ソムリエ」として活動している土屋博勇喜さんに、正しいお手入れ方法や意外に知らないNGについてお話を伺いました。

意外と知らない汗と臭いの関係 「もしかして臭ってる?」 みんなが悩む“汗あるある”

 ◇ ◇ ◇

手軽な日頃のメンテナンス しっかり手入れで撥水加工の復活も

――傘が活躍する季節ですが、使ったあとのケアを忘れがちな人が多そうです。また、最近は日傘を使う人も増えています。雨傘、日傘、晴雨兼用傘で、お手入れ方法に違いはあるのでしょうか。

「雨傘、日傘、晴雨兼用傘の用途別で、そこまで違いはありません。日頃のお手入れ方法としては、38~40度くらいのぬるま湯を表面に10秒ほどシャーッと流し、傘をパタパタと開け閉めして水を切ってから、陰干しするだけ。その際、傘の裏面が濡れないように注意してください」

――それくらいなら手軽にできますね。そのほかに「これもやっておくといい」といった、傘のお手入れはありますか?

雨傘で重要な撥水加工を復活【写真提供:土屋博勇喜】
雨傘で重要な撥水加工を復活【写真提供:土屋博勇喜】

「雨傘の撥水加工を復活させるために、アイロンを使ったお手入れ方法もありますよ。

1. 傘を広げて直射日光を避けて陰干し

2. アイロンをドライ中温にセットし、傘の内側から軽くかける
 目安は3~4分くらいです。そのとき、長時間アイロンをかけたり、圧力をかけすぎたりすると、傘の表面の繊維を傷めてしまいます。また、生地が水分を含んでしまうため、スチーム機能はご使用をお控えください。

 素材によって異なることもあります。溶けたり繊維を傷めたりしないよう、アイロンをかける際は状態を見ながら、慎重にやるようにしてください」