健康・美

念願のロングヘアを“バッサリと切り落とした”女性の漫画に共感の声が殺到! 「結局、ボブ辺りに留まる理由がこれ…」

著者:Hint-Pot編集部

タグ: , ,

漫画のワンシーン【画像提供:ごえたむ(@egoegoe)さん】
漫画のワンシーン【画像提供:ごえたむ(@egoegoe)さん】

1年で60時間 髪を乾かす時間が膨大なことに気が付き心が折れた!

 寒い冬はお風呂が気持ち良い季節。でも、「髪の毛を乾かすのが面倒くさい!」と感じたことが一度はあるのではないでしょうか。一度は憧れたことがある人も多いロングヘアの場合は、完全に乾かすまで何十分もかかってしまうなんてことはザラです。念願のポニーテールにしたはいいものの、やっぱりボブヘアに戻したという女性が感じた理由をまとめた漫画が、多くの女性から共感を呼んでいます。

 ◇ ◇ ◇
 “万年”ボブヘアだったというウェブ漫画家のごえたむ(@egoegoe)さんは、ある日高い位置でポニーテールをしたいと思い立ち、それから約1年間髪を伸ばしたそう。切りたい衝動に駆られつつも美容師に励まされながら、なんとか目標の長さまで伸ばしました。

 しかし、いざ理想の髪型になってみると、これまでボブヘアの時には感じたことのなかった不便さに気が付いたといいます。特に驚いたのが、ドライヤーで髪を乾かすのにかかる時間。

 毎日、髪を乾かすのに10分以上はかかっていたというごえたむさんが、冷静になって考えてみると、1週間で70分、1か月で5時間。1年で60時間――なんと3日近くドライヤーを持っていることに気が付いたのです。

 ちなみに髪の毛を自然乾燥させるのは、髪の毛がいたみやすいだけでなく、長時間濡れているため雑菌が繁殖しやすいため、なるべく避けたほうが良いとされています。

 すっかり心が折れてしまったごえたむさんは、ほどなくしてバッサリと切り、ショートカットにしてしまったそう。ところが、街中でロングヘアの人を見るたびに、「メンテナンスが大変そう」「すごいなぁ」と尊敬の念を抱かずにはいられないそうです。
 
 この漫画を公開すると、「分かります。重いしドライヤー固定したい、それか腕を増やしたい」「結局、ボブ辺りに留まる理由がこれ…ホントにロングのひとって凄い…」など、多くの女性から共感の声が殺到! 人によっては「私はショートの時、毎朝の寝癖直しや、維持するためこまめに切りに行かないといけないことに心折れたロングなので、ショートの人凄いなと思います」と、ロングの方が楽という方も。

 ごえたむさんは、たくさん寄せられた感想から、意外にもショート派、ロング派それぞれがお互いを尊敬していることに気が付いたそう。確かに髪質や顔の形、好みはさまざま。髪の毛の悩みや努力は人それぞれ違うのです。そして、ケアを含め自分にぴったりの髪型を見つけるのは難しいもの。でもお互いリスペクトしあえるのは、「とても素敵だなぁ」とごえたむさんは語りました。
  

(Hint-Pot編集部)

ごえたむさん
ウェブ漫画家・イラストレーター。ルポ漫画が得意で、「鹿の解体レポ」「突撃!美女修行」など、幅広いメディアで連載を持つ。