海外ニュース

キャサリン妃の長女シャーロット王女 堂々とした礼拝デビューの裏でウイリアム王子が見せた「父の顔」に称賛の声

著者:Hint-Pot編集部

タグ: , , ,

ウイリアム王子ご一家【写真:Getty Images】
ウイリアム王子ご一家【写真:Getty Images】

4歳の愛らしい完璧な所作 事前に父と行ったリハーサルが功を奏す 英紙報道

 ウイリアム王子とキャサリン妃の長女、シャーロット王女は4歳という年齢で、ロイヤルファミリー恒例のサンドリンガムでのクリスマス礼拝に初参列した。その際、母であるキャサリン妃をマネして、エリザベス女王に伝統的なあいさつをしたり、車いすの女性にハグするなど、幼児とは思えない堂々とした所作が「愛らしい」と世界中のファンの心をメロメロにした。完璧な王族としてのふるまいに、ウイリアム王子自らが数日前に子ども達に本番さながらの「ドレス・リハーサル」を行ったという。父としての行いに「素晴らしい親」など、ファンから称賛の声が上がっている。英紙が報じた。

 ◇ ◇ ◇

 サンドリンガムの聖メアリー・マグダレーン教会でクリスマス礼拝に参列し、初めてクリスマス・ウォークを披露したジョージ王子とシャーロット王女。なかでも4歳のシャーロット王女は世界中のロイヤルファンから大きな注目を集めた。

 母のキャサリン妃に手を引かれたシャーロット王女は、エリザベス女王が乗った車が通過した際には母の真似をして小さくカーテシーと呼ばれる伝統的なおじぎをしたり、外で待っていた群衆のもとへ歩み寄り、花束を受け取ったり、車椅子に乗った女性とハグをしたり、堂々たる姿を披露。世界中のロイヤルファンから4歳とは思えない王族として完璧な所作が絶賛された。

 英大衆紙「デイリー・メール」によると、その成功の裏にはウイリアム王子がクリスマスの数日前に行った「ドレス・リハーサル」にあったと報じた。父自ら、子ども達を実際に現地に連れていき、衣装も着用した本番さながらの「ドレス・リハーサル」を行ったようだ。ジョージ王子とシャーロット王女に、実際の立ち位置や全体のレイアウト、外で待っている人々についてわかるように説明したという。

 その父とのリハーサルが功を奏して礼拝デビューの大成功。「メール」紙の電子版ではウイリアム王子とキャサリン妃について「すばらしい親」「計り知れない特権を持っている立場なのに、親としてとても現実的」と称賛の声が上がっている。

 記事によると、2019年は、英王室にとってヘンリー王子やメーガン妃へのバッシングやアンドリュー王子のスキャンダルなど、ネガティブな報道が続いたが、クリスマス礼拝のシャーロット王女のふるまいはとても明るいニュースになり、王室関係者は安堵していると伝えた。