動物・レジャー

女の子と男の子の違いに驚きの声 元保護ねこ達の部屋を性別で分けてみたら… 結局「どちらも天国」

著者:Hint-Pot編集部

タグ: , , ,

「女の子部屋」の“キチンと感”。上の並び左から時計回りに「時麻呂(トキマロ)」ちゃん、「妹子(イモコ)」ちゃん、「讃良(サララ)」ちゃん、「風(フウ)」ちゃん、「咲(サク)」ちゃん【写真:歳(@raden108s)さん】
「女の子部屋」の“キチンと感”。上の並び左から時計回りに「時麻呂(トキマロ)」ちゃん、「妹子(イモコ)」ちゃん、「讃良(サララ)」ちゃん、「風(フウ)」ちゃん、「咲(サク)」ちゃん【写真:歳(@raden108s)さん】

ペットベッドに詰まるねこ達の様子が面白いほど違う! “キチンと感”と“カオス感”

 オスとメス、性差はねこにももちろんあり、その行動には顕著な違いがあるようです。「女の子部屋」と「男の子部屋」に分かれてねこ用ベッドを与えたところ、ギュウギュウに入るねこちゃん達の様子が、メスグループとオスグループでは大きく違うとSNSで話題になっています。飼い主さんに聞きました。

 ◇ ◇ ◇

「女の子部屋のキチンと感と、男の子部屋のカオス感」というコメントとともに投稿されて話題となっているのは、「ミラクルマスター 煌めきビジュアル日本の歴史人物事典DX(東西社)」の挿絵を手掛けるなど、イラストレーターとして活躍している歳(@raden108s)さんが飼っているねこちゃん。

 11匹のねこと暮らしている歳さんは、みだりに繁殖しないよう不妊去勢手術が済むまでは、オスは「男の子部屋」、メスは「女の子部屋」と、接触しないように現在は性別で部屋を分けているそう。すると、それぞれの部屋の様子がまるで違うことに気が付いたといいます。

「女の子部屋」にいるのは、上の並び左から「時麻呂(トキマロ )」ちゃん、「妹子(イモコ)」ちゃん、下の並びが「咲(サク)」ちゃん、「風(フウ)」ちゃん、「讃良(サララ)」ちゃん。時麻呂ちゃんと妹子ちゃんと咲ちゃんは元保護ねこで、風ちゃんと讃良ちゃんは時麻呂ちゃんの子どもです。

 黄色のベッドにお行儀よく収まり、こちらをじっと見つめています。普段からメスグループは、オスグループに比べいつも部屋のなかがきれいなのだとか。写真のようにみんなでおさまっている黄色のベッドが窮屈なときは、場所を譲り合い別の場所で眠るなど、優しさに包まれているそう。

 一方、「男の子部屋」は飼い主さんいわく“カオス”! 緑色のベッドに寝ているのは、左上にいるのが「ニニギ」くん、真ん中の「楽進(ガクシン)」くんを抱きしめているのが「呑太郎(ノンタロウ)」くん。そして、左下からはみ出しているのは男の子部屋に遊びに来ていた女の子の「モグ」ちゃんです。こちらはみんな元保護ねこ。

 大胆な寝相で眠る4匹。5匹いた「女の子部屋」よりも1匹少ないはずなのに、身体はベッドからはみ出し、身体は折り重なっていますが、なんとも気持ちよさそうに寝ています。ワイルドな遊びをすることが多いようで、「男の子部屋」はおもちゃで散らかっていることもしばしば。

 けれども、どちらのグループも身を寄せ合いベッドに収まる姿はとってもキュート。ねこちゃん同士がとっても仲良しなことがわかり、癒されますよね。

 こうして「男の子部屋」と「女の子部屋」の違いが如実に表れた2枚の写真。ツイッター上に投稿されると瞬く間に3万件以上のいいねが集まり、「どちらも天国」「性別によって性格が出るんですね…」「女の子はアイドルグループみたいですねぇ」など多くのコメントが寄せられました。