海外ニュース

メーガン妃 「他の王族メンバーとは違うユニークな生き方を考えている」 友人に明かしていた

著者:森 昌利

タグ: , , ,

メーガン妃【写真:Getty Images】
メーガン妃【写真:Getty Images】

2~3か月間はカナダに滞在したい 移住も視野に

 6週間の休暇を終えて英国に帰国したメーガン妃とヘンリー王子。7日には1か月半ぶりに公の場に姿を見せたふたりが、公式のSNSで「王室の主要メンバーから退きたい」と声明を発表した。今後の詳細は不明だが、友人筋は夫妻が「カナダ移住を考慮中」「他のメンバーとは違うユニークな生き方を考えている」などの意向を語っていた記事を、英大衆紙「デイリー・エクスプレス」が報じている。

 ◇ ◇ ◇

 この友人は「メーガン妃とヘンリー王子が今度は2~3か月間、カナダに滞在するというのは本当です」と語り、それも将来の移住に備えたものだという。

 ただし、現在のところはまだ将来のプランを練り始めたばかりで、移住先やタイミングなど“何も確定はしていない”らしいが、その一方で「王室の他のメンバーとは違うユニークな生き方を考えているのは明らかです」と断言する。

 帰国したばかりのふたりが後援するチャリティをプライベートで訪問した後にカナダ公館を訪れ、6週間の滞在中「家族だけの時間をゆっくりと過ごせた」と感謝の意を伝えたが、それも将来の移住先としてカナダが有力候補である証だ。

 またメーガン妃もヘンリー王子との結婚前に7年間も当地で暮らして勝手が分かっており、友人もいる。

 公式SNSで、主要な「王室メンバーから退きたい」意向を明かしたメーガン妃とヘンリー王子夫妻。今後はバランスを見ながらイギリスと北米で生活を送るという。今回の休暇でカナダの生活がふたりのプライバシーを守り、さらに安全であることも分かった。となれば、英国でタブロイド・メディアに追われる日常との比較で、ふたりがカナダを拠点のひとつとして真剣に検討するのも自然の流れなのかもしれない。

(イギリス・森昌利/Masatoshi Mori)