海外ニュース

エリザベス女王 メーガン妃とヘンリー王子夫妻の“騒動”後に初めて姿が目撃される

著者:Hint-Pot編集部

タグ: , , ,

エリザベス女王【写真:Getty Images】
エリザベス女王【写真:Getty Images】

自ら車を運転 チャールズ皇太子、ウイリアム王子とも話し合い「数日以内に解決策を」

 エリザベス女王は、メーガン妃とヘンリー王子夫妻の「王室の主要メンバーから退く」意向の発表を受けてチャールズ皇太子とウイリアム王子と直接話をし、王室スタッフには実現可能な解決策を数日以内に見つけるように指示をしたという。英大衆紙「デイリー・メール」によると、現地時間10日昼にサンドリンガム付近を自らハンドルを握って運転する姿が目撃された。現在の女王は“日常生活”を取り戻して送っているようだが、運転する表情は険しく、疲労感が漂っているようにも見える。

 ◇ ◇ ◇

 ヘンリー王子、メーガン妃夫妻から突然の衝撃的な表明で、当初はとてもショックを受け失望していたと報じられたエリザベス女王。現在は、サンドリンガムでいつも通りに過ごしているという。10日の昼には、自分の車を運転して出かける姿が目撃された。スカーフを頭に巻いた女王は、少し険しい表情だったという。堅実な運転で田舎道を走っていく様子が現地メディアで報じられた。

「メール」紙の記事によると、エリザベス女王は、チャールズ皇太子やウイリアム王子とも緊急に話し合いの場を設け、王室スタッフにメーガン妃とヘンリー王子に対して「実現可能な解決策」を見つけるよう指示をしたという。「数週間ではなく、ここ数日間で問題に対処したい意向」だという。

 夫妻の発表を受けた直後にバッキンガム宮殿は「まだ初期段階。これまでと違う方法で王室と関わっていきたいというふたりの考えは理解しているが、この件に関しては複雑な問題だ」と短い声明を発表。解決には時間がかかるようにも受け取られたが、週明けには、なんらかの方策が示される可能性が出てきたようだ。

 当のメーガン妃は、カナダにとんぼ返りをして、長男アーチーくんと一緒にいると伝えられている。記事によると、ヘンリー王子は、16日にバッキンガム宮殿で行われる2021年のラグビーリーグ・ワールドカップの抽選会に出席予定のため、イギリスにいると見られている。

(Hint-Pot編集部)