海外ニュース

ヘンリー王子「私の妻は仕事が必要」 ディズニーのCEOに直接メーガン妃の“出演交渉” 英紙が報道

著者:森 昌利

タグ: , , , ,

「ライオン・キング」のプレミアに登場したメーガン妃とヘンリー王子【写真:Getty Images】
「ライオン・キング」のプレミアに登場したメーガン妃とヘンリー王子【写真:Getty Images】

ビヨンセとのハグのすぐ横で 「ライオン・キング」のプレミア中に驚愕アピール

 主要な王室メンバーからの引退表明で世界を驚かせたメーガン妃とヘンリー王子。「経済的な自立を目指す」ことも掲げており、果たしてふたりが警備費を含めた巨額な経費をどのように稼ぎ出すのかも議論の焦点となっている。そうした中、ヘンリー王子が公務中にメーガン妃を“女優”として売り込んでいたことが明らかになった。昨年7月、ディズニーの「ライオン・キング」のプレミアに出席した際に、吹き替え出演したビヨンセ達と共に会場に現れたディズニーのCEOにヘンリー王子が直接“出演交渉”をしていたことが英メディアで報じられている。

 ◇ ◇ ◇

 「私の妻には仕事が必要」――そんな見出しで報じたのは英大衆紙「デイリー・メール」だった。記事では昨年7月、ディズニーのヒットアニメ「ライオン・キング」のプレミアに登場したヘンリー王子が、吹き替え出演したビヨンセらと共に会場に現れたディズニーCEOのボブ・アイガー氏に直接、メーガン妃を売り込んだと伝えた。

 同紙の電子版では、その様子の動画を分析。ヘンリー王子がメーガン妃を指さしながら直接「彼女は吹き替えもやるんですよ」と話しかけると、アイガー氏が「本当ですか?」と言い、一瞬戸惑ったような表情を浮かべた。ヘンリー王子が「ご存知なかったのですか?」と返すと、「いいえ、知りませんでした」と答えるアイガー氏。さらにヘンリー王子が「驚かれました? 彼女は非常に(吹き替えの仕事に)興味があります」と“売り込み”。すると、アイガー氏が「なるほど。我々もトライしましょう」と話しているというもの。

 なんとこのようにプレミアの挨拶で吹き替え出演交渉が成立している。ヘンリー王子の売り込みの最中、メーガン妃は隣でビヨンセと得意のハグで挨拶しており、会話には加わっていない。しかし、記事によると、この直後にメーガン妃がアイガー氏に「私にメールをしてくださればいいですから」と話しかけているという。

 英紙「ザ・タイムズ」は、メーガン妃がヘンリー王子と後援している野生のゾウを密猟者から守るチャリティ団体「エレファント・ウィズアウト・ボーダーズ」への献金を条件に、ディズニー作品の吹き替えを行うことがすでに決定している伝えた。

 なるほど、このようにふたりの知名度を利用すれば仕事も簡単に見つかり、経済的な自立も可能となるのか。しかし公務から外れれば、こうした王室の立場を利用した営業活動はできなくなるのだが……。果たしてサセックス公爵夫妻の未来はどうなるのか。今後もふたりの型破りな生き方から目が離せなくなっている。

(イギリス・森昌利/Masatoshi Mori)