海外ニュース

キャサリン妃 ヘンリー王子夫妻への願い叶わず “緊急会合”当日は車で外出していた 英紙が報道

著者:Hint-Pot編集部

タグ: , ,

キャサリン妃とメーガン妃【写真:Getty Images】
キャサリン妃とメーガン妃【写真:Getty Images】

「子ども達が一緒に過ごす時間をより多く持ちたい」と願うも義弟夫妻は“引退宣言”

 エリザベス女王は現地時間13日、メーガン妃とヘンリー王子の「王室の主要メンバーから退く」意向を全面的に支持する声明を発表した。夫妻の意向のなかに「イギリスとカナダを行き来する」ことも含まれており、これによって「キャサリン妃が2020年に願っていたこと」を叶えることが難しくなったと英紙は伝えている。それは3人の子ども達とアーチーくんとのいとこ同士の交流だった。キャサリン妃は、メーガン妃とヘンリー王子夫妻の今後について話し合われた13日の緊急会合に出席していないが、当日朝に車で出かける姿が、目撃された。

 ◇ ◇ ◇

 英大衆紙「デイリー・エクスプレス」によると、情報筋が明かしたこととして、キャサリン妃は「2020年は3人の子ども達、ジョージ王子、シャーロット王女、ルイ王子と、昨年5月に生まれたメーガン妃とヘンリー王子の長男アーチーくんが一緒に過ごす時間をたくさん持ちたい」と希望していたという。

 3人の子ども達は、アーチーくんのことを愛おしく思っているようだ。これまで子ども達が公に一緒にいる様子が目撃されたのは、昨年7月のヘンリー王子やウイリアム王子が出場したポロのチャリティー試合を観戦したときだけだった。昨年は夏のホリデーやクリスマスなど、ロイヤルファミリーが一堂に会する機会にヘンリー王子やメーガン妃は出席していないため、いとこ同士の子ども達が一緒に遊べる機会は全くなかった。それだけに、今年は一緒に遊ぶ時間を多く持ちたい思っていたようだ。

 しかし、ヘンリー王子とメーガン妃は「主要な王族メンバーから退く」意向を発表し、今後は英国に常にいるわけではないので、もっと一緒に過ごしたいというキャサリン妃の希望は打ち砕かれたと記事では報じている。

 ヘンリー王子とメーガン妃夫妻の表明を受けて、エリザベス女王は現地時間の13日にサンドリンガムでウイリアム王子、チャールズ皇太子も交え緊急会合を行い、夫妻の今後について話し合いをした。エリザベス女王は「夫妻の意向を認める」内容の声明を発表した。今後はカナダで過ごすことが多くなることも示唆している。現在メーガン妃と長男アーチーくんはカナダにいると見られ、夫妻の愛犬2匹もすでにカナダ入りしてイギリスにいないと報じられている。