動物・レジャー

ねこの“肩もみ屋さん”が羨ましすぎる 肉球で“ツボ”をおさえ優しく癒す姿が話題に 「私もお願いします」

著者:Hint-Pot編集部

タグ: , , ,

甘え上手なアビシニアンの「ソラ」くん【写真提供:きちせ@猫バンバン(@umiusagi88)さん】
甘え上手なアビシニアンの「ソラ」くん【写真提供:きちせ@猫バンバン(@umiusagi88)さん】

甘え上手なアビシニアンの「ソラ」くん 温かい前足が気持ち良い

 ねこが柔らかい布団やクッションを“モミモミ”している姿を見たことがある人は多いと思います。これは、子ねこの頃の習性で、成ねこになってからも、母ねこに甘えるかのように前足を動かすことがあるようです。飼い主さんの凝り固まった肩を優しく“モミモミ”しながら癒すねこの姿が話題になっています。飼い主さんに聞きました。

 ◇ ◇ ◇

「お客さんお疲れですか?」と言っているかのように優しく肩もみをしてくれる、アビシニアンの男の子「ソラ」くん。やんちゃで、とっても甘えん坊な性格だそうです。

 飼い主さんの娘さんが大学生になり、自分の手を離れて寂しい思いをしていたところ、ご主人からの「ねこを飼ってもいいよ」というひと言で飼うことを決意。以前からアビシニアンを飼いたいと思っていたこともあり、ソラくんを家族として迎え入れることになったそうです。

 ソラくんは飼い主さんを「ベッドに来て!」と呼びに来たり、寝ている飼い主さんの肩のそばで肉球を“チュパチュパ”したり布団をモミモミしたり、とにかく飼い主さんに甘えたくて仕方がない様子を度々見せるようですが、眠たくなると自分の寝床で寝るというねこらしいマイペースな一面も。

 仕事で疲れた様子の飼い主さんの、肩から腕にかけてを優しくモミモミするソラくん。凝りをもみほぐしながら、自分まで気持ちよくなっているような表情を浮かべます。その様子からは「この辺かなり凝ってますよ」という声が聞こえてきそうです。柔らかくてプニプニした肉球は温かく、とっても気持ちが良いそうですが、たまに爪が食い込んでしまうこともあるようで、「でも可愛いから許しちゃう」と飼い主さん。

 飼い主さんのツボをしっかりおさえ、癒してくれるソラくんに「私もお願いします…」「ふみふみ私もされたいです!」「プロだ」というコメントが寄せられました。

記事協力:きちせ@猫バンバン(@umiusagi88)さん