海外ニュース

キャサリン妃 恩師が明かした“アスリート並み”の意外な特技 「妹のピッパさんも同じく」

著者:Hint-Pot編集部

タグ: ,

キャサリン妃【写真:Getty Images】
キャサリン妃【写真:Getty Images】

「性格や雰囲気はあの頃と何ひとつ変わっていない」 誠実な人柄は幼い頃から

 キャサリン妃のプレップスクールの教師が、子どものころの同妃についての“秘話”を語った。ウイリアム王子とそろって現地時間4日にサウス・ウェールズを訪れた同妃。その際に、恩師2人が駆けつけ、およそ20年以上ぶりに再会したという。元教師は当時のキャサリン妃について「とても勉強熱心で誠実な子」だったと振り返り、勉強だけではなく体育も抜群に得意だったと明かした。中でも水泳は「アスリート並み」だったようだ。英大衆紙「デイリー・エクスプレス」が報じた。

 ◇ ◇ ◇

 キャサリン妃は先週、ウイリアム王子とそろってサウス・ウェールズを訪問し、港町では店に立ち寄り、夫妻でアイスクリームを楽しむなど、仲睦まじい様子を見せていた。その際に、一目見ようと駆けつけたのが、ケヴィン・オールフォードさんと妻のデニスさん夫妻。2人はキャサリン妃が子どもの頃に通っていた英バークシャー州にあるプレップスクールで教師をしていて、ケヴィンさんはフランス語とドイツ語を教え、妻のデニスさんはキャサリン妃の体育教師だったと伝えられた。

 記事によると、子どもの頃にキャサリン妃について、元教師夫妻は次のように語ったという。

「とても勉強熱心な子で誠実でした。ものすごい運動能力の持ち主で、水泳が得意でアスリートのようでした」とケヴィンさん。体育を教えていたデニスさんも「妹のピッパさんと同じく、素晴らしい水泳選手でした」と秘話を明かした。

 店の前でケヴィンさんはメモを書いて警備員に渡したところ、親切にもキャサリン妃に取り次いでくれ、妃が恩師夫妻を見つけ、20年以上ぶりの再会を果たしたという。実は“未来の王妃”となった元教え子との久々の再会を「どのように挨拶すべきか?」と悩んだという2人だったが、キャサリン妃の方から親しみあふれる笑顔で近づきハグ。再会を喜び合った。

 最後に会ったのはキャサリン妃が14歳の頃。「もちろん、外見は最後に会った頃から変わっていました。身長も伸びているし。でも性格や雰囲気はあの頃と何ひとつ変わっていませんでした」と恩師夫妻は興奮気味に語っていた。キャサリン妃も「世間は狭いですね。学校で私が学んだことを、子どもたちにもしっかりと受け継いでいきたい」と話したという。

(Hint-Pot編集部)