海外ニュース

キャサリン妃 ウイリアム王子との“ラブラブ”ぶりが加速中 バレンタインはロマンティックな“サプライズ”計画が 専門家が証言

著者:Hint-Pot編集部

タグ: , , ,

公務中でも仲睦まじい様子を見せたウイリアム王子とキャサリン妃【写真:Getty Images】
公務中でも仲睦まじい様子を見せたウイリアム王子とキャサリン妃【写真:Getty Images】

多忙な日々を過ごす妃 公務の増加でボディタッチがよく見られると報道も

 もうすぐバレンタインデーだが、英大衆紙「デイリー・ミラー」によると、今年の2月14日は、ウイリアム王子がキャサリン妃にスペシャルなバレンタインデーを贈ろうと、サプライズを計画しているという。王室専門家の証言では、ウイリアム王子はキャサリン妃にうっとりするような雰囲気で食事をご馳走することで知られているようだ。大学時代に知り合い、2011年に結婚した2人だが、最近、公の場でのボディタッチがよく見られるようになったと現地メディアで報じられ、さわやかな仲睦まじさに注目が集まったばかりだ。

 ◇ ◇ ◇

 キャサリン妃に、ウイリアム王子が“サプライズ”を計画中でいる。「ミラー」紙は、2人が今年のバレンタインデーを、ロマンティックに過ごすのではないかと伝えている。

 王室専門家のケイティ・ニコール氏は「ウイリアム王子は、ロマンティックな雰囲気の中でキャサリン妃に食事をご馳走することで知られています。ロンドンにある夫妻のお気に入りのイタリアンレストランで食事を楽しむのではないかとの見方もあります。しかし、夫妻にとってはお忍びでどこかへ出かけるのさえとても難しいことなので、自宅で穏やかな夕食を楽しむ計画なのかもしれません」とコメント。

 また、イギリスのバレンタインデーは、一般的に男性から女性へ贈り物をすることが多く、メッセージが書かれたカードを贈る習慣もあると言われている。「ウイリアム王子からキャサリン妃へのメッセージカードと気持ちのこもったプレゼントがあると思います」とニコール氏は語った。

 2人の出会いは、セント・アンドルーズ大学の学生だった2001年と言われている。2011年に結婚し、現在までに3人の子どもにも恵まれた。今年は、新年早々にヘンリー王子とメーガン妃の“王室引退”表明など、激震が走った英王室。そんな状況でも、常に穏やかな様子で公務に励んでいたキャサリン妃については「英国民からの人気が急上昇した」と現地メディアで報じられたこともあった。その一方で、多忙さを心配する声もロイヤルファンから上がっている。14日のバレンタインデーは、そんな妻のためにウイリアム王子が充実した時間を設けると見られている。