海外ニュース

キャサリン妃の優美な後ろ姿が「素敵すぎる」と話題 英国全土に向けた一大プロジェクトに称賛の声

著者:Hint-Pot編集部

タグ: , ,

カーディフを訪問したキャサリン妃【写真:Getty Images】
カーディフを訪問したキャサリン妃【写真:Getty Images】

幼児期の発達へ関心を寄せる妃 アンケート調査協力への感謝をSNSに投稿

 ヘンリー王子とメーガン妃が3月末日で王室の公務から退くこともあり、多忙となることに心配の声が上がる一方で、今後の活動がますます期待されるキャサリン妃。このほど幼児期の発達についての活動の一環として「5歳以下の子ども達について5つの質問」と名付けた国民サーベイ(調査)を21日まで実施していた。一大プロジェクトにたくさんの協力が集まったことへの感謝の気持ちを表して、未公開画像を公式アカウントでシェア。ロイヤルファンの女児と手をつないで歩くキャサリン妃の姿が「素敵」と称賛されている。英紙が報じた。

 ◇ ◇ ◇

 英大衆紙「ザ・サン」は、「キャサリン妃が調査への協力に感謝の気持ちを込めて、素敵な未公開写真をシェアした」という見出しで伝えた。新しい写真はウイリアム王子とキャサリン妃夫妻の公式ツイッターとインスタグラムに投稿された。

 ロイヤルファンから「素敵すぎる」と話題となっている写真は3児の母であるキャサリン妃が、ロイヤルファンの女の子と手をつないで一緒に歩く後ろ姿。幼児期の発達についての国民サーベイのPRをするために、全国数か所を24時間で回るツアーを実施したが、その際に訪問したウェールズのカーディフにあるチルドレンズ・センターで撮影されたもの。

 女の子は、キャサリン妃のほうを向き、まるで「あっち!」と言っているように指をさしたポーズをしている瞬間の写真で、ほのぼのとした様子が伝わってくる。写真には「驚くべき反響に感謝します」とキャプションがつけられた。

 サーベイは21日に終了。キャサリン妃はこの結果を、親や子どもの世話をする人々が直接、経験したことについての理解を深めると同時に、幼児期に関わる今後の活動の指針として役立てる意向でいる。今後、数か月で共有する予定だ。

 記事によると、そんなキャサリン妃の取り組みや高まる信頼に、ロイヤルファンから称賛の声が上がっているという。今年1月早々、義弟のヘンリー王子とメーガン妃夫妻の“王室引退”表明で激震が走った英王室。そんななかでも安らぎを持ち公務をこなしてきたキャサリン妃に対して、現地メディアは「英国民の心を掴んだ」など大衆からの人気上昇をこれまでも報じてきた。

(Hint-Pot編集部)