動物・レジャー

ねこの“タイムラグ”に共感の声 呼んでもなかなか来ない“あるある”漫画が話題 「来ていただけるだけで私は嬉しい」

著者:Hint-Pot編集部

タグ: , ,

漫画のワンシーン【画像提供:キュルZ(@kyuryuZ)さん】
漫画のワンシーン【画像提供:キュルZ(@kyuryuZ)さん】

愛猫「キュルガ」ちゃんとのほのぼのとした生活を綴った半エッセイが人気

「うちのネコ、ラグい」とコメントが添えられた、愛猫の“あるある”漫画が共感を呼んでいます。“ラグい”とは、オンラインゲームなどで使われる、「遅い」「遅れる」といった意味を持つ言葉。「ねこは呼んでも来ないと思ってたんですが、案外呼んだら来てくれるのがうれしくて描きました」という、作者のキュルZ(@kyuryuZ)さんに話を聞きました。

 ◇ ◇ ◇

 作者によると描いている漫画は半エッセイで、実体験を元にした創作漫画。「ねこの考えてることは本当に分からない……」と思いながらいつも描いているといいます。

 主人公のねこの名前は「キュルガ」ちゃん。スマホがキュルガちゃんのおでこの模様を二次元バーコードと誤認識したことがきっかけで、「キューアールガゾウ」からいくつか文字をとって名付けたそう。

 ある時、実家のいぬは名前を呼ぶと、うれしそうな様子ですぐに近づいてきてくれたことを思い出した作者。キュルガちゃんの名前を呼んでみようと思い付きます。キュルガちゃんはねこなので、名前を呼んでも来ないだろうなぁと予想しつつ、さっそく声をかけてみると「ピタ……」と動きを止めました。そして、こちらを見て固まるキュルガちゃん。確実に自分が呼ばれていることは認識している様子ですが、いぬのようには近づいてきません。

「やっぱり」と思った数分後……キュルガちゃんは突然、作者の元へと近寄って来ました。これには作者も「来てくれた……!!」とびっくり。別の日も2階にいるキュルガちゃんを呼びますが、やはりなかなか来ず、数分後に作者の元へやって来ました。“タイムラグ”があるけど、返事をしながら大好きな作者の元にやってくる健気さがたまりません。

 この漫画が公開されるとねこ好きの人たちから共感の声が殺到! 「ん、ん~て鳴きながら近寄ってくるの凄いわかる…w」「お猫様はご自分がその気になられるまで何もなさいませんから 数分経っても来ていただけるだけで私は嬉しいです」「まだ3Gなのかな~wwwちなみにうちもラグいですw」といったコメントが寄せられました。

 作者は「他のねこちゃんたちも割とみんなラグい様子で和みました」と話します。

(Hint-Pot編集部)