海外ニュース

メーガン妃とヘンリー王子 英国内に4億円の新居建造計画 大のお気に入りのセレブ御用達スポットに

著者:森 昌利

タグ: , , ,

メーガン妃とヘンリー王子【写真:Getty Images】
メーガン妃とヘンリー王子【写真:Getty Images】

ベッカム夫妻のライフスタイルをマネ? 結婚後の仮住まいとしても契約していた「コッツウォルズ」

 今月いっぱいで“王室引退”が確定するメーガン妃とヘンリー王子に、英国内に「隠れ家的新居」を建造する計画があることが明らかになった。そこはコッツウォルズにあるセレブ御用達の高級会員制リゾートで、かねてからメーガン妃が愛する場所だ。2016年夏にはリアリティ番組で人気を博したミリー・マッキントッシュと女子旅で利用したり、結婚後も仮住まいとしてファームハウスを契約するなどしていた。

 ◇ ◇ ◇

 英大衆紙「ザ・サン」が掲載した記事によると、メーガン妃とヘンリー王子は風光明媚なコッツウォルズにある超高級会員制リゾート「ソーホー・ファームハウス」の近辺に300万ポンド(約4億500万円)の予算で新居を建造する予定があるという。

「サン」紙は、ヘンリー王子と親交が深いサッカー界のスーパースター、デビッド・ベッカム一家がすでに「ソーホー・ファームハウス」のそばに家を所有しており、今回の新居建築プランはそのライフスタイルに倣ったものではないかと推測。しかも、この超高級会員制リゾートはメーガン妃の大のお気に入りでもあるという。

 またメーガン妃とヘンリー王子の新居は、専用の車道を持つ3寝室の一戸建てになる予定。王室主要メンバーだった昨年は新居の改装費240万ポンド(約3億2400万円)が税金から支払われたが、引退後は当然ながら自腹を切る形になるはずだ。

 ただし、現時点ではメーガン妃とヘンリー王子の広報官は「サン」紙の取材にノーコメントを貫いている。

(イギリス・森昌利/Masatoshi Mori)