海外ニュース

メーガン妃 スタッフに「着替えは外で」と指示 ピリピリと“ナーバス”に過ごしている近況を友人が証言

著者:森 昌利

タグ: , , ,

メーガン妃【写真:Getty Images】
メーガン妃【写真:Getty Images】

チャールズ皇太子の新型コロナウイルス感染が影響か 検査を受けたがっているとも…

 メーガン妃の長男アーチーくんはまだ生後10か月の赤ちゃん。そんな幼子の母としては、現在の新型コロナウイルスの感染拡大は気が気でなく、“ナーバス”になっていることは確かだろう。それが義理の父であるチャールズ皇太子の感染で他人事ではなくなると、健康には神経質なメーガン妃が、さらにピリピリとしていると英紙が報道。新型コロナウイルスの感染予防に対応している。

 ◇ ◇ ◇

 英大衆紙「デイリー・メール」は、生後10か月のアーチーくんの健康に何よりも心を砕いているというメーガン妃は、チャールズ皇太子感染のニュース以来、スタッフの衛生管理をさらに強化したと報じた。

 友人筋の話によると、メーガン妃はスタッフに屋内での着替えを許さず、靴やコートも「屋外で脱ぐように」と指示しているという。さらに「家を出入りする度に石けんを使ってしっかりと手洗いをさせ、届け物も家の外で箱から出す慎重ぶり。もちろんマスクと手袋は常時着用させています」と、スタッフの着替えや荷物の受け取りも外という徹底ぶりを語った。

 さらにこの友人は「メーガン妃は(新型コロナウイルスの)検査を受けたがっているが、症状がないため今のところは思い留まっており、現在は大量のビタミンCをはじめとする免疫力を高めるサプリメントを使って健康維持に努めています」と証言しているという。

 常日頃から食べ物や運動など健康志向が高いメーガン妃だが、新型コロナウイルスに戦々恐々とする近況が詳しく明かされた。

(イギリス・森昌利/Masatoshi Mori)