暮らし

1分でできる「無印良品」の手作り布マスク動画が世界で大反響 「不器用な私でも理解できました!」

著者:Hint-Pot編集部

タグ: , , ,

「無印良品」が紹介した、針も糸も使わず、大きさが調整できる手作り布マスク【写真提供:株式会社良品計画】
「無印良品」が紹介した、針も糸も使わず、大きさが調整できる手作り布マスク【写真提供:株式会社良品計画】

生活の知恵やコツを発信 針も糸もいらない手軽さが話題に

 長引く新型コロナウイルスの流行。マスクが不足している状態は4月現在でも続き、改善の目途は立っていません。その対策の1つとして、手作り布マスクに注目が集まっています。衣料品から家庭用品、食品など日常生活全般にわたる商品群を取り揃え、世界31の国・地域で展開している「無印良品」が、ハンカチ1枚とゴム2本で、ものの1分ほどで顔の大きさに合わせてフィットする布マスクを作る方法を公開し、世界中で話題になっています。担当者に聞きました。

 ◇ ◇ ◇

 日本のみならず、海外でも500店舗以上を展開する「無印良品」を運営する、株式会社良品計画 広報・サステナビリティ部の担当者によると、話題となったマスクの動画はオーストラリアの店舗スタッフが配信したのがきっかけでした。

 材料は、ハンカチ1枚(推奨サイズ:46×46センチ)とヘアゴムを2本。針や糸は必要ありません。作り方を次のように紹介しています。

Step 1:消毒された清潔な平面にハンカチを置きます
Step 2:ハンカチの上下が中央で合うまで、上と下の約1/4を中心に向かって折ります
Step 3:折ったハンカチを裏返しします
Step 4:ハンカチの上下が中央で合うまで、再度、上と下の約1/4を中心に向かって折ります
Step 5:折ったハンカチに2本ゴムを通します
Step 6:ハンカチの両サイドを真ん中で重ねるように中へ折ります
Step 7:簡易フェイスマスクの上部と下部をストレッチして、着用者の顔に適したカーブを作ります。これでフェイスマスクの着用準備が整いました

 動画では、「無印良品」のハンカチとヘアゴムリングを使用しているそうです。また、このフェイスマスクは、医療用マスクの代替品ではなく「ウイルスなどの拡散・感染防止には保健所、専門家のアドバイスに従って行動することをおすすめします」と補足しています。

 1分もかからずに簡単に作れるマスクは大きな反響を呼び、67万回近く再生されている他、「解りやすいです。有難うございます」「切ったり縫ったりがないのはいいですね」「不器用な私でも理解できました!」など、多くの感謝の声が集まりました。

「無印良品」では、新型コロナウイルス感染拡大防止策として、3密(密閉、密集、密接)を避けるためにお客様同士、またお客様とスタッフとの距離の十分な確保や、消毒・清掃の強化、スタッフの健康管理の徹底(すべてのスタッフのマスク着用の徹底や、出勤前の検温とその記録、定期的な手洗い・消毒の遂行)を行っています。

 担当者は、「このような状況だからこそ、各国・地域のスタッフが、『無印良品』だからこそできる生活の知恵やコツを自ら発信しています。これからも、家族で行う整理整頓やクッキングなど、ほっとするような情報や役に立つような情報を発信していきたいと考えています」と話しています。