暮らし

「おうちカフェ」楽しむ10~20代女性急増 新型コロナで外出自粛 SNSで“出来映え”競う

著者:Hint-Pot編集部

タグ: ,

外出自粛が長引く中、多様化する「おうち時間」の過ごし方(写真はイメージ)【写真:写真AC】
外出自粛が長引く中、多様化する「おうち時間」の過ごし方(写真はイメージ)【写真:写真AC】

 新型コロナウイルス感染拡大を受けて、政府は4月7日に7都道府県を対象に緊急事態宣言を発令し、16日には対象地域を全国に拡大した。7日の発令から約1週間が過ぎた今月14、15日に、株式会社パスチャーが企画・運営を手掛けるインスタグラムメディアの「Petrel(ペトレル)」が、10~20代の女性を対象に「おうち時間の過ごし方」についての調査を実施。自宅でカフェを再現する「おうちカフェ」が人気となっていることが分かった。SNS上などで“映え”を競うなど新たな動きが生まれているようだ。

 ◇ ◇ ◇

今後「おうち時間」でやりたいことも「料理・お菓子作り」が1位に

 4月7日の緊急事態宣言発令から1週間が過ぎた14、15日の調査で「生活に変化があった」と答えたのは61%。そのうち、24.28%が料理やお菓子作り、自宅でおしゃれなカフェを再現して楽しむ「おうちカフェ」を頻繁にするようになったと回答した。次に映画、ゲーム、漫画などの「趣味に費やす」「自宅で軽い運動をする」「断捨離や模様替え、掃除をする」という回答がそれぞれ6.17%だった。全体の55.64%がポジティブな意見だったことから、先が見えない漠然とした不安の中でも、外出自粛中の「今」だからこそできる楽しみ方を見出していることが伺える。

 一方で37.4%がネガティブな回答に。昼夜逆転の生活や運動不足による生活リズムの乱れを感じている人が最多の9.84%で、次に7.48%が友人や恋人、家族に会えないことへのストレスを感じていると答えている。生活に変化があったことで不安を感じている人も多いようだ。

 外出自粛により「おうち時間」の過ごし方に変化がある中、今後挑戦したい項目についても「料理・お菓子作り」が1位になった。その他の回答では「洋服の手入れや終息後を想定したコーデ決め」や「おうちピクニック」など、トレンドに敏感なフォロワーならではの回答となっている。

 本格的なカフェ空間を再現して自宅で楽しむ「おうちカフェ」。“力作”をSNSに投稿するなど、外出がままならない中、10~20代の女性は新たな楽しみを見出しているようだ。

(Hint-Pot編集部)