料理・グルメ

あっという間に作れるカフェ風ごはん 休日ランチにもぴったり“お助け”レシピ2選

著者:市川 千佐子

タグ: , ,

カフェ風ごはん2種【写真:市川千佐子】
カフェ風ごはん2種【写真:市川千佐子】

 お正月などのお休みはお料理もちょっとラクしたい。時短で簡単、ヘルシーなごはん2品を、人気料理家の市川千佐子さんが紹介します。旬の大根の歯ごたえがどちらもおいしいワンプレートごはんです。盛り付けや野菜の切り方でカフェ風のおしゃれごはんに変身。仕上げに青ネギなど緑色のものを飾るだけで、見た目も華やかになるそうです。

 ◇ ◇ ◇

 お正月などお休みの日のお料理は、作るのは手早く、盛りつけはひと工夫して、ゆったりと食事を楽しみたいものです。冷蔵庫であまりがちなキャベツや大根を使った、カフェ風ごはんをご紹介します。

 平皿に、ごはんを型抜きして盛りつければ、目先が変わっておいしくいただけますよ。さらに、麦ごはんや雑穀米にすれば、見た目も栄養価もアップします。キャベツたっぷり、市販のカレールーを使わないカレーと、大根の歯ごたえがおいしいごはんにあう炒め物、2品です。

キャベツナカレーごはん【写真:市川千佐子】
キャベツナカレーごはん【写真:市川千佐子】

作るのは手早く! 盛り付けでひと工夫 煮込み時間5分のカレー

〇煮込み時間5分のキャベツナカレー

【材料】(2人分)
キャベツ       1/6個(250g)
玉ネギ        1/2個
植物油        大さじ1

A 塩麹        大さじ1~2
A しょうゆ麹     大さじ2
A カレー粉      大さじ3

ツナ缶(オイル不使用)  小2缶(140g)
卵           2個
ごはん(麦入り)     2膳分

【作り方】
1、キャベツ・玉ネギは、1cm角に切る。
2、フライパンを中火にかけ、油をしき、玉ネギを炒める。透き通ったら、キャベツを加え、しんなりするまで炒める。Aを加え、香りが立ってきたら、ツナ缶を加え、ふたをして5分煮込む。
3、目玉焼きを作る。平皿に、ごはんをカップで型抜きして盛り、2と目玉焼きをのせる。

※辛味が苦手な方や、お子さまには、カレー粉を減らして、コリアンダーやクミン、ターメリックパウダーなど辛味のないスパイスを足してもよいでしょう。