海外ニュース

エリザベス女王 21日に94歳 メーガン妃も「オンライン誕生祝い」に参加か

著者:Hint-Pot編集部

タグ: , ,

メーガン妃とエリザベス女王【写真:Getty Images】
メーガン妃とエリザベス女王【写真:Getty Images】

ウイリアム王子夫妻やひ孫たちなど家族が“集まる” ビデオ通話で祝う予定

 エリザベス女王は21日に94回目の誕生日を迎える。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、毎年の誕生日に放たれる祝砲が、女王の要請で中止になったことが現地メディアで伝えられた。これは在位期間の68年間で初めて。現在、夫のフィリップ殿下とともにウィンザー城に滞在して“自主隔離”中の女王。今年の誕生日は特別な催しはせずに、ビデオ通話のグループで家族が非公式にお祝いすることが計画されているという。チャールズ皇太子夫妻、ウイリアム王子とキャサリン妃夫妻やその子どもたち、またヘンリー王子やメーガン妃などがオンライン上に“集結”すると見られている。英紙が報じた。主要王族から離脱したヘンリー王子夫妻は現在米ロサンゼルスに滞在中。ロックダウン中の街を、青いバンダナをマスク代わりにして愛犬と散歩する2人の姿が目撃されている。

 ◇ ◇ ◇

 94歳となるエリザベス女王。新型コロナウイルスの感染拡大の影響でウィンザー城にいるが、英国民向けに「私たちは屈しない」といったメッセージを送るなど、存在感と風格は変わらずにいる。そして、誕生日に放たれる恒例の祝砲について「今の情勢に適切ではない」と判断。女王の要請で中止になったことが現地メディアで報じられている。

 毎年6月には、女王の誕生日を祝う公式の祝賀式典「トゥルーピング・ザ・カラー」が行われるが、こちらも中止になることが決まっている。この式典では、バッキンガム宮殿のバルコニーに王室メンバーが集結するが、今年はその華やかな様子を見ることができない。

 英大衆紙「ザ・サン」によると、側近の話として「21日の女王の誕生日のお祝いは、私的なものとなるでしょう」と語り、特別な催しをする予定はないという。94歳になる女王だが、オンラインのビデオ通話を難なく活用しているようだ。離れ離れとなっている家族たちは、いつでもつながることができるという。

 ウイリアム王子とキャサリン妃は、ノーフォーク州サンドリンガムにある私邸アンマー・ホールに家族で“自主隔離”中。先週、夫妻は朝の情報番組にビデオ通話で出演して、王室の家族のオンライン通話の「グループ」があることを明かした。「オンライン上で家族みんなと話しています。ビデオ通話は連絡を取るのにグレートな方法です」と語り、主要王族から離脱して現在米ロサンゼルスにいるメーガン妃とヘンリー王子とも連絡を取っていることを示唆したという。記事によると、21日には子ども夫妻や孫夫妻など家族みんながオンライン上に集結して、私的に女王の誕生日をお祝いするだろうと伝えた。

(Hint-Pot編集部)