海外ニュース

キャサリン妃 レモンイエローの初夏の装いでテレビ出演 自宅学習中のジョージ王子が不機嫌な理由を明かす

著者:Hint-Pot編集部

タグ: ,

キャサリン妃【写真:Getty Images】
キャサリン妃【写真:Getty Images】

新プロジェクト「ホールド・ステイル」告知のためビデオ通話で登場

 キャサリン妃は現地時間7日、英民放ITVの「ディス・モーニング」に初夏らしい爽やかなイエローのドレスで出演。パトロンを務めている「ナショナル・ポートレートギャラリー」とともに新たなプロジェクトを立ち上げたことを明らかにした他、ジョージ王子とシャーロット王女の近況についても語った。

 ◇ ◇ ◇

 英大衆紙「デイリー・メール」によると、「ホールド・ステイル(動かないで)」と名付けられた新プロジェクトは、新型コロナウイルスの感染拡大の影響が広がる英国で、現在の国民の姿や気持ちをとらえた写真をシェアし合おうという企画だ。キャサリン妃は公式SNSで、コロナ禍での英国人の「困難に見舞われても再び立ち上がれる力、勇気、優しさ」を収めることができたお気に入りの写真を公開している。

 また、キャサリン妃は番組内で、自宅学習を続けるジョージ王子とシャーロット王女の近況についても触れている。ジョージ王子が、読み書きの宿題よりもシャーロット王女の課題をやりたがり不機嫌だという。「“スパイダー・サンドイッチ”の方がはるかに楽しそうよね」と冗談を言っていた。さらに妃は、毎朝フェイスタイムを使って、他の家族と連絡を取り合っていることも明かしている。

 キャサリン妃はこの日、シルエットが美しい、初夏にぴったりなレモンイエローの花柄ドレスを着用。英国のオンラインショップ「マッチズファッション」の自社ブランド「レイ」のもので、495ポンド(約6万7000円)と見られている。

(Hint-Pot編集部)