動物・レジャー

タイヤハウスに潜み保護された子ねこ 立派に成長し毛玉ボールに興味津々な姿が話題に 「かわいい! たまらん!」

著者:Hint-Pot編集部

タグ: , ,

毛玉ボールを見つめる「こはる」ちゃん【写真提供:Honobono Cat(@cat_honobono)さん】
毛玉ボールを見つめる「こはる」ちゃん【写真提供:Honobono Cat(@cat_honobono)さん】

換毛期のため抜け毛が倍増中の「こはる」ちゃん

 きれい好きなねこは、自分の身体を舐めて毛づくろいをしますが、飼い主さんがブラッシングをするとさまざまな効果が! 抜け毛や毛球症を予防でき、健康チェックやコミュニケーションとしても役立ちます。でもたっぷり抜けた毛をそのまま捨ててしまうのは、何だか寂しい……なんて時ありますよね。抜けた毛を丸めて作った毛玉ボールに興味津々の元保護ねこが話題になっています。YouTubeチャンネル「HonobonoCat」で2匹のねことの暮らしを発信している飼い主のHonobono Cat(@cat_honobono)さんに話を聞きました。

 ◇ ◇ ◇

 自分の匂いがする毛玉ボール、通称「こはる玉」に興味津々な「こはる」ちゃんは、現在2歳半の女の子。「心晴れる」という言葉から取って、こう名付けました。おっとりとした性格でとにかく優しく、ちょっぴりどんくさい一面もあるそう。

 こはるちゃんと飼い主さんの出逢いは突然のことでした。飼い主さんが車を運転していると、ふとどこからかねこの鳴き声がすることに気が付いたそうです。すぐに車を止めて車体の下側を確認。すると、まだ生後3か月ほどだったこはるちゃんは身を守るため、タイヤハウスに身を潜めていたといいます。

 最初は怖がってなかなか出てこなかったのですが、何とか引き出し、そのまま保護することに決めました。それからというもの大切に育てられ、2年後には「みはる」くんというやんちゃな弟もできました。

 こはるちゃんは毛ぶきが良いため、日々のブラッシングケアは欠かせません。1日で抜けた毛をブラッシング用手袋でコロコロと丸めて作ったのだとか。こはるちゃんは自分から抜けたものとは信じられない様子で、クンクンと匂いを嗅いでみたり、甘噛みをしてみたりと興味津々。一通り遊んだ後は、衛生面を考え廃棄したそうです。

「見事なボールですね~」「可愛い!たまらん!血圧上がります(笑)」「うちの猫はなぜか毛玉作ると食べますね」など、無邪気なこはるちゃんの姿に、たくさんのコメントが寄せられました。

(Hint-Pot編集部)