動物・レジャー

愛猫家に流行中の“段ボール戦車” キャタピラーに乗る元保護ねこの姿に騒然 「すさまじいクオリティの高さ…」

著者:Hint-Pot編集部

タグ: , ,

手作り戦車に乗る「ちくわ大明神」くん【写真提供:安田そうし/hinode kani@Unicorn鯖(@hinode_kani)さん】
手作り戦車に乗る「ちくわ大明神」くん【写真提供:安田そうし/hinode [email protected]鯖(@hinode_kani)さん】

操縦しているのは元保護ねこの「ちくわ大明神」くん

 外出自粛で宅配便を利用する機会が増えている現在。愛猫家たちの間では、段ボールを使って戦車を作るのが流行しているようです。素材を生かして組み立てている人や色を塗っている人などさまざまですが、驚くほど精巧に作られたオートバイ型戦車に乗る元保護ねこが話題になっています。作者で飼い主の安田そうし/hinode [email protected]鯖(@hinode_kani)さんに制作裏話をお聞きしました。

 ◇ ◇ ◇

 歌手のLiSAさんへの楽曲提供や、ギター・ロックバンド「goodtimes」としても音楽活動をする安田さん。YouTubeチャンネル「Hinode kani sound」では、ゲーム音楽のバンドアレンジを趣味で公開するなどとても多才です。

 安田さんは、最近「暇そうにしている」という愛猫のため、器用な手先を生かし「ケッテンクラート」という戦車を作成することにしました。

 注目は表面にテープが見えないよう、ガムテープなどを使用しなかったこと。安田さんは「はめ込む感じで作ろうとしたことにより、謎に自分を追い込む形となってしまいました」と苦笑いをしつつも、出来栄えに自信が伺えます。また、難しかったのはキャタピラー部分だったそう。あえてゆるみを作ることで、本物そっくりの躍動感が出ています。そして、りんごの緩衝材でヘルメットも作るというこだわりぶり。

 その緻密さに「すさまじいクオリティの高さ…」「猫様が乗り慣れているかのように座っているのもすごい!可愛い!!」「ハードボイルドですね」など、たくさんのコメントが寄せられています。

 こうして半日ほどかけて作られた戦車。操縦席に乗っているのは、推定年齢6歳の男の子、愛称「ちくわ」こと「ちくわ大明神」くんです。腕の模様がちくわ柄なことから、個性的なお名前を授かりました。

 現在は安田さんと一緒に関西地方で暮らしているちくわくんですが、実は元九州男児。九州に住んでいる安田さんの義妹が、ダンボール箱に入れられ捨てられていたちくわくんを職場の前で発見し保護。

 安田さんはちくわくんを引き取るため、すぐ九州にお迎えに行ったといいます。ちくわくんにとっては、初めて出会った安田さんとの小旅行となった帰りの新幹線ですが、一度も鳴くことはなかったそう。「王の資質です」と、安田さんは言います。ちくわくんは、戦車にも負けない強さを持っているようです。

(Hint-Pot編集部)