暮らし

営業再開後の映画館で観たい映画1位は「名探偵コナン」 “人生を変えた作品”1位は何? 映画好きの実態が明らかに

著者:Hint-Pot編集部

タグ: ,

「おうち時間」増加の影響もあり、映画鑑賞は「映像配信」が主流に(写真はイメージ)【写真:写真AC】
「おうち時間」増加の影響もあり、映画鑑賞は「映像配信」が主流に(写真はイメージ)【写真:写真AC】

最も好きな鑑賞スタイルは「映画館・シネコン」が断トツ

 長期に及んだ休業要請も徐々に緩和され、6月1日には東京都でも映画館の営業が一部で再開されました。“おうち時間”が増えた分、これまで観たい映画リストに入れていた名作や、何シーズンにもわたる大ヒット海外ドラマを鑑賞したという人も多いのではないでしょうか。CCC MARKETING HOLDINGS株式会社は、映画が好きな18~59歳の男女1206人に「映画に関するアンケート調査」を実施。「人生を変えた映画」「営業再開後の映画館で観たい映画」が明らかとなりました。

 ◇ ◇ ◇

 調査は5月22~26日に実施され、まずはどのくらいの頻度で映画を観ているかを聞いたところ、「月に1回以上は鑑賞している」と答えた人で、最も多かった鑑賞スタイルは、上位から「映像配信」(40.5%)、「DVD」(28.7%)、「映画館・シネコン」(18.0%)、「有料放送」(17.4%)、「ミニシアター」(6.9%)となりました。外出自粛の影響もあり、自宅で手軽に鑑賞することができる、映像配信サイトを利用する人が多いようです。

 続いて「最も好きな映画鑑賞スタイル」を聞いたところ、1位「映画館・シネコン」(52.4%)、2位「DVD」(17.2%)、3位「映像配信」(16.9%)の結果に。頻度では「映像配信」が上回るものの、やはり映画好きの人にとって「映画館で映画を観る」ことが、最も愛されている映画鑑賞スタイルであることが分かります。

 映画館と言えば、賛否両論はありますがおいしいフードも魅力の1つ。家で映画を観る時には何を飲んだり、食べたりしているのでしょうか。最もよく行っている飲食のスタイルを聞いたところ、上位から「お茶・コーヒー」(32.1%)、「お菓子」(19.9%)、「飲食しない」(16.6%)、「アルコール」(14.0%)、「ソフトドリンク」(12.9%)、「ご飯」(3.9%)という結果に。飲み物類のみの人が多く、まったく飲み食いをしないという人も一定数いるようです。

 そして、「人生を変えた映画」を自由回答で聞いたところ、1位は「スター・ウォーズ」でした。理由として「小さい頃からすり切れるほど観てきた。男のロマンがすべて詰まっている作品」「映画の面白さを知った」「科学を好きになるきっかけとなった」、「映像の仕事をするきっかけ」などの声が寄せられました。

 2位は「ショーシャンクの空に」、3位は「アルマゲドン」となっています。また、営業再開後の映画館で観たい映画では、1位「名探偵コナン」、2位「鬼滅の刃」、3位「るろうに剣心」と、上位3作品にすべてアニメに関連する作品が選ばれています。

(Hint-Pot編集部)