育児・家族

ケーキの上にイチゴがあるのはなぜ? 親になって知った幸せの気持ちを描く漫画に共感 「心が温かくなり癒されました」

著者:Hint-Pot編集部

タグ: ,

漫画のワンシーン【画像提供:なかのいと(nakano_ito)さん】
漫画のワンシーン【画像提供:なかのいと(nakano_ito)さん】

3歳の娘「ちょっちゃん」 悪気のないおねだりで気付いた満たされる心

 我慢をすることも大変なことも多い育児。それでも子育ての合間にふと気が付く、ほんの些細な幸せや喜びが糧になります。親になって初めて知った、ケーキのイチゴをめぐる、とても温かな気持ちを描いた漫画が話題になっています。作者のなかのいと(nakano_ito)さんに話を聞きました。

 ◇ ◇ ◇

 3歳の娘「ちょっちゃん」との日常生活で“心が動いた瞬間”を、優しいイラストと言葉で描き、インスタグラムで発信している作者。日々の生活の中で気付いた、忘れたくないと感じたことを思い出し、その理由を考えながら描きとめていくのだそう。

 話題となったのは、親子3人でケーキを食べた時のエピソード。ちょっちゃんはチョコプレートがあしらわれたチョコレートケーキ、ママの作者はイチゴとブルーベリーが載ったミルフィーユ、そしてパパは生クリームたっぷりのイチゴのショートケーキを食べることになりました。

 すると、1人だけイチゴが載っていないことに気が付いたちょっちゃんは、チョコプレートを食べてから、パパに「ちょっとここに置いておいてくれる」と、悪気なくイチゴをおねだりします。それを聞いた作者は「暴君」と驚きを隠せません。

 しかし、パパはためらいなくちょっちゃんのケーキの上へイチゴを置きます。そして、作者も同じようにイチゴをちょっちゃんのお皿の上へ。

 作者は「ショートケーキのイチゴを惜しげもなくあげられる相手は、この世にそう多くはいない」と言い、とても大切なイチゴを譲ってしまったのにとても幸せそう。そして、いつかちょっちゃんが成長した時のことに思いを馳せ、この時の作者の気持ちを知ってほしいと、とても素敵な言葉で綴っています。

「自分で食べるよりも嬉しそうに食べてるのを見るだけで心がより満たされるんだなって私も先日感じました」「子育てに疲れてましたが心が温かくなり癒されました」「すごく素敵です。両親に会いたくなりました!」など、たくさんの共感の声が寄せられました。

 また、「私の母は『恋と愛の違いは何?』という子どもからの難しい質問に対して『自分がすごく好きな食べ物を一緒に食べたいのが恋で、半分あげられるのが愛だよ』と教えてくれました」というコメントが印象的だったという作者。イチゴをもらう子ども側の世代の人たちからも共感してもらえたのがうれしかったと語りました。

 ケーキの上にイチゴが載っているのは、もしかしたらこうした幸せを分け合うことができる大切な人と食べるためなのかもしれません。