海外ニュース

エリザベス女王 “ネギ”モチーフのダイヤモンドブローチに込められたメッセージとは 素敵な心遣いが話題に

著者:Hint-Pot編集部

タグ: ,

昨年の「トゥルーピング・ザ・カラー」に登場したエリザベス女王【写真:Getty Images】
昨年の「トゥルーピング・ザ・カラー」に登場したエリザベス女王【写真:Getty Images】

公式誕生日のイベントで例年と違うジュエリーを着用

 新型コロナウイルス感染拡大を受け、エリザベス女王の公式誕生日の祝賀行事「トゥルーピング・ザ・カラー」は今年、エリザベス女王が夫フィリップ殿下と“自主隔離”をするウィンザー城で開催された。毎年恒例となっている盛大なパレードや、ロイヤルファミリーが勢揃いするバルコニーでのイベントは中止。チャールズ皇太子夫妻やウイリアム王子夫妻といったシニア・ロイヤルメンバーさえも出席を見合わせた。異例中の異例とも言える措置が取られる中、エリザベス女王にも変化があったという。

 ◇ ◇ ◇

 英大衆紙「デイリー・エクスプレス」によると、エリザベス女王には、毎年「トゥルーピング・ザ・カラー」で決まって身に着ける、特別な意味のあるダイヤモンドブローチがあるそうだ。しかし、今年はイベント自体が大きく変更されたように、女王のブローチにも変化があったと伝えている。

 女王はウィンザー城の警備をし、例年にない式典をつつがなく執り行った、ウェルシュガーズ(陸軍近衛師団の連隊の1つ)に賛辞を送る、リーキ(セイヨウネギ)モチーフのダイヤモンドブローチを着けていた。リーキはウェールズのシンボルだという。

 ファッションでメッセージを伝えるのが得意なことで知られているエリザベス女王。素敵な心遣いは大きな話題を呼んでいる。

(Hint-Pot編集部)