海外ニュース

故ダイアナ元妃 59回目の誕生日にそっと置かれた花束とカード 実弟の投稿に惜しむ声が殺到

著者:森 昌利

タグ: , ,

ダイアナ元妃【写真:Getty Images】
ダイアナ元妃【写真:Getty Images】

次男のヘンリー王子は「ダイアナ・アワード」授賞式にサプライズでビデオ出演

 世界が驚きと悲しみに包まれた“パリの悲劇”から22年の月日が流れても、ダイアナ元妃の誕生日を忘れない人々がいる。もし存命なら、この7月1日に59歳になっていたダイアナ元妃。その記念の日に、民衆のプリンセスの実家にささやかなプレゼントが届けられた。実弟のチャールズ・スペンサー氏がSNS上で明かすと、死を惜しむ声が多数寄せられた。また、次男のヘンリー王子は「ダイアナ・アワード」に動画出演して亡き母を偲んでいる。英メディアが伝えた。

 ◇ ◇ ◇

 英雑誌「ハロー」が掲載した記事によると、ダイアナ元妃の実弟チャールズ・スペンサー氏が自身のツイッターに、ダイアナ元妃の実家でもある自宅の門に届けられた花束と1枚のカードの写真を掲載した。

 茶色の紙に包まれた白い花束と一緒に置かれたカードには「ハッピー・バースデー・ダイアナ。プリンセス・オブ・ウェールズ。あなたのことは決して忘れません。ヴァネッサより」と書かれている。

 スペンサー氏はこの贈り物の写真に「今日のお届け物。驚き、感動」とコメントを付けて投稿。すると、ダイアナ元妃の死を惜しむ声が殺到した。

「ダイアナは永遠の心の女王」
「恵まれない人に親切だったダイアナへの親切な贈り物」
「誰も代わりになれない人」
「永遠に愛される人」
「永遠に美しい人」

 また、そんなセンチメンタルな日に開かれた「ダイアナ・アワード」のリモート授賞式には、亡き元妃の次男ヘンリー王子がサプライズで動画出演した。同賞は社会的活動や人道的努力などをした若者に贈られる賞で、ウイリアム王子とヘンリー王子が支援を続けている。

 ヘンリー王子は「この授賞式に参加できて本当に誇りに思います」と挨拶。さらには「私の母は大勢の人を勇気付けました。そしてこの賞でまた、あなたたちの背中を押すはずです」と続け、偉大な亡き母を偲んだ。

(イギリス・森昌利/Masatoshi Mori)