海外ニュース

メーガン妃 関係修復のためにキャサリン妃が贈った花を「十分ではない」と認めず 英紙報道

著者:Hint-Pot編集部

タグ: , ,

キャサリン妃とメーガン妃【写真:AP】
キャサリン妃とメーガン妃【写真:AP】

互いの距離を縮めることに苦労していた2人の妃

 英メディアで、これまでに何度も噂になったことのある、メーガン妃とキャサリン妃の不仲問題。キャサリン妃は「仲直りの印」としてメーガン妃に花を贈り、関係修復を試みたが、メーガン妃はそれだけでは「十分でない」とはっきり伝えたと英紙が報道している。かつてメーガン妃がキャサリン妃の「引き立て役になっている」と気付き、背後に立つ様子など2人の間に「不穏な空気」が流れていると報じられたこともあった。

 ◇ ◇ ◇

 英大衆紙「デイリー・メール」が報じたところによると、雑誌「ヴァニティ・フェア」の王室専門家であるケイティ・ニコール氏は「キャサリン妃はある時点で、メーガン妃との関係を改善するために花を贈ったが、メーガン妃は当惑。そしてキャサリン妃に対し『花だけでは十分でない』とはっきりと伝えた」と明かしている。

 来月に発売されるメーガン妃とヘンリー王子の伝記「Finding Freedom(自由を探して)」の著者である、オミッド・スコビー氏とキャロライン・デュランド氏によると「キャサリン妃とメーガン妃は友人ではなかった」と話し、「メーガン妃はキャサリン妃が手を差し伸べなかったことに『失望した』と主張している」と続けた。

 さらに、メーガン妃とキャサリン妃は「お互いに距離を縮めることに苦労」し、「ケンジントン宮殿で暮らしていたこと以外に共通点がなかった」とも話した。

 また「ヘンリー王子夫妻とウイリアム王子夫妻の関係が悪化し、メーガン妃のロイヤルとしての最後の公の場で、キャサリン妃が冷たい態度を取った」と主張している。

 これに対し、ウイリアム王子とキャサリン妃の友人たちは「2人はメーガン妃を心から歓迎し、アメリカの女優をロイヤルファミリーに迎え入れるために最善を尽くした」と強く擁護している。

(Hint-Pot編集部)