海外ニュース

メーガン妃 ヘンリー王子から贈られたイニシャル入り“ネックレス問題” 王室補佐官による忠告に遺恨も

著者:森 昌利

タグ: ,

メーガン妃【写真:AP】
メーガン妃【写真:AP】

2人のイニシャル「H」と「M」入り 交際当時に電話で注意され感情的に

 英メディアは、メーガン妃とヘンリー王子の“暴露本”伝記「Finding Freedom(自由を探して)」の内容をめぐり連日盛り上がっている。今度は2016年12月、当時女優だったメーガン妃に起きた“悲劇”について書かれていることが明らかに。それは、ヘンリー王子から贈られた「H」と「M」の2つのイニシャルが入ったネックレスを着けている姿を激写されて、王室サイドから注意を受けたことだという。著者のオミッド・スコビー氏は「夫妻への取材は一切していない」と表明しているが、妃にとっては未だ忘れられない“恨み”として残っているのだろうか。

 ◇ ◇ ◇

 英大衆紙「デイリー・メール」は、2016年12月、当時ヘンリー王子と交際中だったメーガン妃が「H」と「M」の2つのイニシャル付きのネックレスを着用している姿を写真に撮られると、王室補佐官から直々に電話がかかってきて注意を受けたと伝えた。

 記事によると、王室補佐官は「このようなネックレスを着けた写真を撮られてしまうと、メディアを騒がせるだけ。あることないことを書かれてしまう」とメーガン妃に忠告したようだ。当時はまだ正式な婚約発表の11か月前で、2人の関係が公になるのは“早い”と勧告されたようだ。

 問題のネックレスはゴールド製。米ロサンゼルスのジュエリーブランド「マヤブレンナー」のもので、価格は184ポンド(約2万5760円)と見積もられている。値段はささやかなものだが、交際中だったヘンリー王子からのプレゼントとみられている。

 当時、カナダ・トロント在住で女優活動をしていたメーガン妃は、リラックスした表情でこのネックレスを着用しているところを写真に撮られてしまい、これが保守的な王室スタッフの懸念を招き、直接注意されたというわけだ。

 メーガン妃は、電話を受けた後にフラストレーションを感じ、感情的にもなったという。普通に恋人から贈られたネックレスを着用したことを「とがめられた」というのは納得がいかなったのだろう。

 しかし英王室というパブリック・ライフを管理する補佐官としては、英メディアに余計な波風を立てられるのは好ましくないと思うのは、当然のことなのかもしれない。

 どちらにも言い分はあると思うが、今回の暴露もまたメーガン妃が「前例ばかり気にして心ない対応をする」という王室サイドの官僚的な対応を批判した形になった。

(イギリス・森昌利/Masatoshi Mori)